どんな肌トラブルにも効果がある5つの基本ケアとは?

どんなに丁寧にメイクで隠しても、スッピンになれば気になる小鼻の赤み
そして、ニキビ、吹き出物など肌の炎症が伴う湿疹。

常にメイクが崩れてないか気にするのが疲れる・・・。
肌がキレイならこんなことで悩まなくてもいいのに・・・。

とお嘆きの方は多いと思います。

小鼻の赤みは生活感が出る場所でもあります。
小鼻が赤いだけでなんだか疲れた主婦みたいな印象になるなんて、嫌ですよね。

思春期ニキビならまだしも、大人になってから出る細かい吹き出物もまたマイナス印象を与える可能性大です。

肌が与える印象とは?

人が美しいと感じる肌は基本的に「色ムラのない肌」です。
赤みやくすみなどの多い肌は人に「不衛生」「生活習慣の悪さ」などを無意識に感じさせるといわれています。

例えばこちら↓
当サイトのトップページにも起用しているモデルさんです。
肌にムラがなくとても健康的なイメージですね。
美肌

このモデルさんに「小鼻の赤み」「頬の赤み」「クマ」を加えたムラのある肌にすると・・・↓
肌にムラのある場合
イメージが一変します。。
一気に不健康なイメージに変わったと感じる方も多いのではないでしょうか。

これほど肌の状態は人の印象を左右します。
言い換えれば、キレイな肌が与える好印象は絶大です。

だからこそ、女性は無意識のうちに美肌にこだわるのかもしれません。

すぐにできる!美肌のための5つのこと

アトピー肌、くすみ肌、乾燥肌、ニキビ肌など、肌のトラブルは様々です。
しかし、全ての肌に共通して効果のある方法が次の5つなのです。

1.7時間睡眠
2.バランスがよく、野菜と発酵食品の多い食生活
3.毎日湯船に浸かる
4.自分の肌に合ったスキンケア(過度にしない)
5.紫外線対策

具体的な理由と方法を示します。

方法 理由
7時間睡眠 22時を目安に1日7時間程睡眠時間を確保する 成長ホルモン・女性ホルモンを正常化する
バランスのよい食事 和食を中心に、野菜と発酵食品を多く摂取する 腸内環境を整え、肌のターンオーバーを改善する
湯船に浸かる バスタブに湯を張り、汗が出るまで入浴する 温熱効果による血行促進で栄養素を肌細胞の隅々まで届ける
スキンケア 過剰にならないスキンケアの実践 保湿効果、過剰に行わないことで角質を保護
紫外線対策 日焼け止めを日常的に使用(なるべく肌に優しいものをセレクト)
詳しくは「日焼け止めランキング」記事参照
紫外線によるシミ・ソバカス、光老化を予防

これらを徹底するだけで多くの場合、肌の状態は改善するはずです。

ただし継続が難しく、知識がないと間違った行動に出やすいのが「バランスがよく、野菜と発酵食品の多い食生活」ではないでしょうか。

食生活は腸内環境を左右する最も大切な習慣とも言えます。
食習慣の改善が美肌に直結すると言っても過言ではありません。

ではどんな食生活がよいかを具体的にまとめていきます。

腸の善玉菌を増やす発酵食品

納豆を摂取することを習慣にする
発酵食品に代表される納豆、お味噌汁、ヨーグルトなどはそれぞれ、納豆菌、麹菌、乳酸菌などの善玉菌がたくさん含まれます。
これらは腸に届いて、肉類などの動物性タンパクを分解する際に活発になる悪玉菌(ウエルシュ菌・大腸菌等)を減らします。

悪玉菌が多いと、便秘になったり、排泄がスムーズにいかない、便やオナラの臭いが悪臭になるなど症状が現れます。

これは腸の元気がなくなっているとサイン。
焼肉などの肉料理の後にはオナラが臭くなったり、便がベトついてすっきり出ない、便器に便がつきやすいなどの体験がある方も少なくないと思います。

これが継続されることで肌の調子もダウンしてしまいます。

肌は腸の状態を映し出す鏡。
日常的に納豆やヨーグルトなどを摂取することをおすすめします。
※キムチも腸によい発酵食品ですが、香辛料が使われているため、毛細血管を開かせ余計に目立たせる可能性もあります。

水溶性ビタミンを摂取する

水溶性ビタミンの摂取

肌の新陳代謝を高めるためにビタミンCが注目されています。
化粧品でも「ビタミンC誘導体」が含まれるアイテムが目立つようになりました。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促したり、メラニン色素の還元作用、皮脂コントロール作用など、美肌作りに欠かせない成分として今とても注目されています。

しかし、実は美肌を作るにはビタミンC以外のビタミンも重要な働きをしています。

例えばビタミンB群の一種「ビオチン」
これは炎症を鎮める効果があるとして、湿疹やニキビの治療の他、アトピーでも積極的に摂取することを勧められています。
ビオチン以外のビタミンB群は、肌のターンオーバーを正常化するのに欠かせません。

このように美肌を作るためには水溶性ビタミンの力は必要不可欠です。

この水溶性ビタミンが多く含まれるのが果物や野菜です。

美肌を作るためには上記した発酵食品と野菜、そして和食を中心とした食生活が重要です。

とはいえ、なかなか難しいのがこの食生活。
急がしい芸能人やモデルさんはサプリを使って美肌を守っている方も多いですが、そのお値段は高いものだと月10万円を超えるものも。

そこまでお金はかけたくないけど、効果の高い美肌アイテムを継続したいっていう場合には「あるモノ」を毎日の習慣に取り入れるのがおすすめです。

石原さとみさんが実践!の美肌ケアとは?

石原さとみの美容術
石原さとみさんが日常的に行っていると某雑誌の取材に答えて注目を浴びているのが「青汁」です。
以前は「おじさんの健康法」といったイメージの青汁でしたが、最近ではその美肌やダイエット効果が認められ、多くの女性ファンがいます。

石原さとみさんは「青汁を濃い目に溶いて飲む」とのこと。
また青汁を習慣化していて、1日1杯は必ず飲んでいるそうです。

青汁を飲むならどんなのがいい?

青汁の効果

継続できるものを選ぶ

どんなによいものでも、継続できなければ意味がありません。

腸内環境の改善という効果については、青汁を飲み始めて数日内に実感するケースが多いと思います。
しかし、小鼻の赤み、頬の赤みの改善、肌質の改善などを実感するには最低でも1ヶ月以上(肌のターンオーバーが28日周期なので)継続する必要があります。

ダイエット効果となるとさらに長期に渡って継続しなければ、なかなか効果の実感は難しいものです。

そのため継続できるかどうかはとても重要な要素といえます。

モチベーション
価格

安全性
利便性

などを自分と照らし合わせながら、青汁(サプリも)を取り入れるかどうかを検討しましょう。

栄養成分の濃さと無農薬の安全性で選ぶなら

やわたのおいしい青汁
詳細を見る
船越英一郎さんが広告塔という、かなり渋めの青汁商品。
この商品のポイントは何といっても「無農薬・有機栽培」。
ついでに化学肥料も一切使わずに有機栽培された原料だけで作られています。

青汁は長く継続するもの。
継続に不安を感じたくない場合は、無農薬や有機栽培で育てられた青汁を選ぶのがおすすめです。

栄養成分が濃いめ

栄養成分を明示していない青汁商品も多いですが、こちらは産地まで明記する徹底ぶり。
しかも、含有する栄養素は種類も量も多く、効果を得られやすい青汁といえます。

>>>やわたの「青汁」をの詳細はこちら

飲みやすさで選ぶなら

フルーツ青汁
詳細を見る
こちらはGENKINGさんが広告塔となっています。

こちらの青汁のおすすめポイントは「」。
やわたの青汁の味が「緑茶+抹茶」のような味なのに対し、こちらはまさにフルーツジュース
継続しやすい味です。

初回680円、12回継続するとサプライズも

こちらの「フルーツ青汁」、初回は680円(30包)でチャレンジすることができます。
また3ヶ月継続するたびに、QUOカードがもらえるそう。
そして12回継続した方全員に「某有名テーマパークのチケット」が届けられるというサプライズ特典つき。

キレイになったらあの人をデートに誘うぞ!」という気持ちを後押ししてくれるような嬉しいサプライズも、この青汁をおすすめしたい理由です。

>>>7日以内なら返金保障!めっちゃたっぷりフルーツ青汁の詳細はこちら

まとめ・小鼻の赤み改善は一日にしてならず

コンシーラーやファンデーションで隠すのではなく、赤み自体を自然に消していくには時間がかかります。
赤みに限らず、肌の炎症も然り。

肌をふっくらと丈夫にし、炎症を起こさせにくい、そして起こしても自力で早く改善できる力を肌に持たせなくてはならないからです。

また、例え肌が理想的な状態になったとしても、今行っていることをやめてしまってはいずれトラブル肌を再燃させてしまうかもしれません。

そう考えれば、肌の状態が改善した後もまた同じような生活スタイルを維持していく必要があると言えます。
だからこそ、やり方に無理があっては継続ができないのです。

自分らしいスタイルで無理なく継続できる」が理想―。
この発想の下で自分に何ができるか考えてみることが大切だと思います。