エイジングケアから毛穴ケアまで!卵1個で出来る3種類の肌ケアとは

毎日何気なく目にする「」。
実はこの卵、美肌成分の宝庫なんです。
しかも、卵一つでできる肌ケアはなんと3種類

その方法と効果をまとめます。

まずは知ろう!卵のもつそれぞれの効果

美肌ケアに使う卵の中身。
それが「卵白」「卵黄」「卵殻膜」です。
同じ一つの卵に入っているものですが、実は肌には別々の効果をもたらします。

卵の種類 美肌成分 効果
卵白 ・リボゾーム
・アルブチン
・硫黄
・肌再生の促進
・保湿効果
・角質を柔らかくする
卵黄 ・レシチン
・ビオチン
・その他各種ビタミン成分
・肌のキメを整える
・老化を抑える
卵殻膜 ・ヒアルロン酸
・Ⅲ型コラーゲン
・炎症や傷を治す
・Ⅲ型コラーゲンを増やす(シワ対策・老化予防)
・毛穴の汚れを吸着する

それぞれの正しい使い方は?

それでは一つ一つの使い方を説明していきます。

卵白パック

卵白パック

卵白は肌の再生を促し、透明感のある美しい肌を作る効果があります。
これを引き出す方法として「卵白パック」が効果的です。

【やり方】
1.卵白だけをとりわけてボールに入れ、泡立て器でメレンゲ状になるまで泡立てる。
2.洗顔後、この卵白を肌にまんべんなくのせ、15分ほどおき、半乾きになったところでぬるま湯で流す。

パック後は驚くほど肌がモッチモチになります。

卵黄パック

卵黄パック

乾燥小じわや肌のたるみが気になる方におすすめです。

【やり方】
1.卵黄1つ分をボールに取り分け、小麦粉を大さじ1杯入れる。
(※小麦アレルギーの可能性がある方は卵黄だけでもOKです)
2.洗顔後、卵黄を肌にまんべんなくのせ、15分ほどおき、半乾きになったところでぬるま湯で流す。

卵殻膜

卵殻膜パック

昔からお相撲さんの間では「傷が早く治る」として使われてきた方法です。

【やり方】
1.卵の殻の内側にある薄皮を剥がし、そのままシワや毛穴が気になる場所にペタペタと貼っていく。
2.半乾きになったら、ゆっくりと剥がす。
※毛穴の角栓を取り除きたい場合には、30分ほど放置し、パリパリに乾いた状態で剥がすと良く取れますが、その分肌への負担も加わります。
肌の状態を見ながら乾燥時間は調節しましょう。

お金を掛けずに美肌になる

使いたい化粧品はたくさんあるけれど、お財布事情と相談した結果断念・・・。
そんな場合も少なくないと思います。

ですが、私達の身の回りには探せばたくさんの美肌ケアアイテムがあります。
高級化粧品を使わずに美肌をキープしている方だって少なくありません。

少々の手間を惜しまず、まずは身近にあるもので美肌ケアをしてみませんか?