鼻を触る癖を止めたい・・・どうしたら鼻を触らずにいられるの?

手はこまめに洗っていたとしても、様々なものに触れるため雑菌がつきやすい場所です。

そんな手で鼻を触る癖がある人は、鼻にトラブルを起こしやすいのも事実。

皮脂分泌が活発な鼻に手からの雑菌が移ることで、ニキビを作ったり、毛穴の炎症に繋がる場合もあるでしょう。
頻繁に手で鼻を触る人はいちご鼻の原因になっているという考えもあります。

モデルさんの中には絶対に顔に触らないという方が多いですね。
そればかりかメイクさんなどに触らせるのも最低限にする方も少なくありません。

そこまでは意識が高くなくていいけど、普段から鼻を触る癖がある方が、その癖を止められたらきっと鼻のトラブルは減らせるはず。

今日はそんな「鼻を触る癖」を止める方法についてまとめたいと思います。

どうして鼻を触ってしまうの?

鼻を触ってしまう深層心理

鼻を触る人にはある深層心理が働いていると言われています。

1.恥ずかしい

恥ずかしさを感じている時、顔を隠すことで何とか自分を保ちたいという意識から鼻を触ってしまうといいます。

2.自信がない

自分に自信がない時に人は鼻を触ってしまうようです。鼻は神経がたくさん集まる所。
そんな場所を触り、自分自身に刺激を与えるのかもしれません。

3.不安がある

人は不安がある時にも鼻を触ってしまうそう。
神経がたくさん集まる鼻は人が不安を感じるとムズムズしてしまうんだとか。
その影響で人は不安になると鼻を触ってしまうそうです。

4.緊張している

好きな人の前、大事なプレゼンなど緊張した時に、人は鼻に触れるそう。
心の動揺を他の人に悟られないように、鼻を触ることで「顔を隠した気分」=安心感を得るためだと言われています。

5.嘘をついている

人は嘘をついている時にも鼻を触りたがるようです。
嘘が表情でバレるのを防ぐため、顔を隠したい=鼻を触るという行動で表すようです。

6.癖

鼻を触るのが単なる癖になってしまった人もいます。
鼻炎持ち、アレルギー持ちの方は常に鼻に刺激を感じるため、頻繁に鼻を触る癖がある人が多いようです。

鼻を触ることで起こりやすい肌トラブル

鼻は皮脂分泌が活発な場所です。
頻繁に鼻を触ることで、この皮脂を栄養にする雑菌が繁殖しやすく、肌トラブルに繋がりやすいです。

特に起こりやすいのは「鼻ニキビ」です。

合わせて読みたい

鼻ニキビって何?普通のニキビと何が違うの?と思ったらこちら。
鼻によくニキビ・吹き出物ができる人の特徴って?簡単な予防と対策

またニキビだけならまだしも、風邪を引いたり、ストレスがたまったりして免疫機能が低下している時には面疔というトラブルにも繋がりかねません。
面疔って何?という方はこちらを参照してみてください。

鼻をよく触る方で、やたら鼻にニキビやできものができやすいという方であれば積極的に鼻を触らない努力が必要になります。

他にも毛穴に古い角質や汚れが落ち込んで酸化した「いちご鼻」の原因にもなります。

このようなトラブルを防ぐためには徹底的に鼻に触らないことを習慣化していくことが重要です。

ではどうやって無意識に鼻に触ってしまうことを抑えられるのでしょうか?

鼻に触る癖を止めるための具体的な方法1.マスクをする

マスクをする

鼻に触るという無意識の動作を意識的に変えるためにおすすめな方法は

マスクをする」です。

マスクをすると、鼻に触ることができません。
鼻を触ろうとするとまず、マスクに触れてしまいます。

その時点で自分がなぜマスクをしているのかに思い当たります。

「そうだった、鼻を触る癖を治したいんだった」

これを繰り返すことで、鼻に手が伸びる時点で「あ」と気がつくことができるようになります。
原始的な方法ですが確実性の高い方法でもあります。

まずはこの方法を実践してみてください。

ただしここで一つの注意点が。

マスクはつけっぱなしだと、呼吸で湿った部分に雑菌が繁殖し、手で触るのと同様に鼻ニキビや面疔、いちご鼻の原因になりかねません。

マスクを使って鼻を触る癖を改善している時には、1日に2~3回はマスクを交換するようにします。

鼻に触る癖を止めるための具体的な方法2.身近な人に指摘してもらう

緊張しているときに出やすい癖なので、家にいる時はあまり出ないかもしれません。
なので、一番鼻を触ってしまう癖が出てしまう場所にいる身近な人に相談してみてはいかがでしょうか?

会社で言えば、同僚や後輩など。
自分では無意識的に行っていることを誰かに指摘され続けることで、強く意識するようになります。

一日二日では難しいですが、継続することで鼻を触る癖を治すことができる可能性が高いです。

まずは鼻を触る癖に対して意識付けをしていくことが大切です。