キレイな肌を維持するために行うべきスキンケア

理想的な肌の状態となったら、今度はそれをキープしたいですよね。
ですが、女性はホルモンバランスが日々変化します。
どんなに気をつけていても、このホルモンの仕業による肌トラブルはなかなか避けるのが難しいですね。

肌トラブルが起こっても慌てずに正しく対応することで、早い段階で肌の状態を改善できる可能性があります。
ここではキレイな肌をキープする方法と、よくある肌トラブルに早期対応する方法をまとめたいと思います。

キレイな肌をキープするために!心がけたい5つのこと

洗顔方法を変えない

洗顔方法を変えない

肌ケアの一番基本となる洗顔。
このやり方をコロコロ変えると肌はその変化についていけず、トラブルを引き起こすことも。
今の状態が安定しているのであれば、洗顔料と洗顔方法が自分に合っているということ。

色んなアイテムを試してみたい気持ちがあっても、できれば今の洗顔料と方法をキープしてみて。

↑あわせて読むといちご鼻向きの洗顔方法が詳しく分かります。

ケア方法を変えない

ケア方法を変えない

これも上記と同じ理由です。
現在のあなたの肌にフィットしたケアだからこそ、肌の状態が安定している可能性があります。

とはいえ、肌の状態はうつろいやすいもの。
肌に変化の兆しが出た時には、その症状に対応した化粧品を使うと効果的な場合もあります。

↑自分に適したアイテムと出会えていないのなら、チェックしてみてください。

良質な睡眠

良質な睡眠

肌は様々なホルモンの影響をまるで鏡のように映し出します。
中でも睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は肌を美しくするのにとても大切なホルモンです。
夜更かしはせずに、決まった時間に眠ること(22時前がベストと言いますが・・・可能なら取り入れてください)。
6時間以上睡眠時間を確保すること。
これは美肌維持の基本になります。

バランスのよい食事

バランスの良い食事

肌は様々な栄養素を元に作られています。
ビタミンCはコラーゲンの生成に役立ったり、タンパク質は肌そのものに必要な栄養素。
肉・魚・野菜・炭水化物などをバランスよく食べることで、健康な肌を作るために必要な成分が吸収され、それが正常なターンオーバーに繋がります。

腸内環境はそのまま肌に出ると言われています。
便秘がちな方は発酵食品を取り入れてみるのもおすすめです。

紫外線ケアを徹底する

紫外線ケアを徹底する

肌にゆらぎを与えるもう一つの要因が「紫外線」。
紫外線はメラニンを作り、シミソバカスの原因になるだけではなく、乾燥や小じわの原因にもなります。
特にシワの原因となる「紫外線A波」は雲も窓ガラスも透過してしまいます。
そのため、室内にいるから安心、というワケにもいきません。
毎日欠かさずに紫外線ケアをすることを習慣にしましょう。

この際SPFやPAが高すぎるものは肌の負担になることが。
日常生活上であれば、SPF25、PA++程度で十分です。

↑日焼け止め選びに迷ったら、参考にしてみてください。