一度開いた毛穴。これってケアで治る?治らない?
いちご鼻にみかん肌。
毛穴が開いていると、ファンデ―ションもキレイにのらないし、毛穴落ちも気になります。

一度毛穴が開いた肌はもう一生このまま・・・だと落ち込むのはまだ早いです。
ここでは私が毛穴の開きを解消した事例をもとに、「治る毛穴」「治りにくい毛穴」の違いと、具体的な改善方法をまとめました。

開いた毛穴には「治りやすい」のと「治りにくい」2種類がある

毛穴の開きを治すには一朝一夕にはいきません。
それはどんなタイプの毛穴の開きであっても一緒です。

その中でもさらに比較的治りやすい毛穴開きと治りにくい毛穴の開きがあります。

治りやすい毛穴の開き⇒丸い毛穴

治りにくい毛穴の開き⇒涙型・帯状の毛穴

いちご先生
鏡をみて、毛穴が丸い形ならセルフケアで閉じる可能性ありです。

治りやすい毛穴は角栓や皮脂、毛穴の汚れによって開いたもの

毛穴が単純に中のものに押し広げられている場合、その内容物を除去することと、形状記憶のように硬くなった毛穴を保湿等で柔らかくすることで比較的容易に改善しやすいとされています。

ただし、治りやすい毛穴の開きの改善と言っても時間のかかるものです。
最低でも28日、長ければ数ヶ月で取り組む必要があります。

丸い毛穴の開きを閉じるのに効果的なケアとは?

丸い毛穴

角栓を少しずつオフしつつ、毛穴を柔軟にしていくケアが大切です。
さらに新しい角栓を作らないような生活習慣もまた重要です。

いちご先生
毛穴を閉じるのに焦りは禁物。
毎日の積み重ねが大切なんです。

具体的には

角栓の吸着や除去に効果的な洗顔料の使用

丁寧な保湿

この2つを継続して行うことが大切です。

いちご先生
特に洗顔料の選び方はかなり重要です!

角栓の除去をする洗顔料とは

角栓の除去を得意とする洗顔料としては泥の吸着力を利用したものや、角栓が主にタンパク質で出来ているため、これを分解するタンパク質分解酵素配合のものを選ぶことをおすすめします。

いちご先生
毎日の洗顔に取り入れることで、肌に負担をかけることなく少しずつ角栓の除去ができるんです。
いちご先生イチオシの毛穴ケアアイテム

ビーグレン・毛穴ケアプログラム

7日間トライアル:1,800円(送料無料)

毛穴ケアを集中して行う毛穴セット。
この7日間のトライアルセットは治りやすい毛穴さんには効果的です。

泥の中でも特に粒子の細かいモンモリナイト配合で、毛穴の奥まで届いて角栓汚れを吸着。

さらに化粧水やCセラム(美容液)はビーグレン独自の技術であるキューソームカプセルを使用し、保湿成分を角質の深部まで届くほど小さな粒子にしているため、塗った後は長時間しっとり。

いちご先生
治りやすい毛穴さんなら7日間でちゃんと効果を実感できるトライアルセットです。

ビーグレン毛穴ケアの詳細レビューについてはこちらを参照してください。

いちご先生
ビーグレンの毛穴ケアは保湿セットも入ったトライアルセット。
気に入った保湿剤をすでに持っていて、洗顔料だけを変えたいのであれば、「いつかの石けん」がおすすめです。
※上記をクリックするといつかの石けんのレビューページにいきます。

治りにくい毛穴の開きは年齢などの弾力低下で起こる

治りにくい毛穴

表皮の下で一生懸命肌のハリを支えていた真皮層のコラーゲンやエラスチン量が減ってくることで肌は弾力を失います。
これが原因の場合、基礎化粧品では改善が困難です。

しかし角質層で弾力が落ちた場合にも涙型毛穴(たるみ毛穴)になることがあります。
この場合は、角質層に弾力を取り戻すための保湿成分を積極的に入れてあげると改善がみられることがあります。

いちご先生
毛穴が涙型になってきたばかりの時や、深いしわや溝ができていなければ改善できるかもしれません。

たるみ毛穴を改善するカギはなるべく早期にケアを開始することです。

【たるみ毛穴チェック法】
こめかみの辺りに手を当てて、上に引き上げた時に消える毛穴があれば、それは涙型毛穴=たるみ毛穴である可能性が高いです。

たるみ毛穴に効果的なケアとは?

たるみ毛穴は鼻やおでこなど、脂肪の少ない場所では比較的起こりにくく、頬や顎など、脂肪により重さがでてしまう部位で起こりやすくなります。

効果的なのは、肌を支える筋肉を充実させて、たるまないようにサポートすること。
さらに、顔に余分な脂肪がつかないよう、食べ過ぎや運動不足などに注意して生活することなどが重要です。

いちご先生
顔の筋力アップに欠かせない体操の方法はこちらにまとめました。

たるみ毛穴におすすめのスキンケアとは?

たるみ毛穴におすすめのスキンケアはいくつかありますが、肌の弾力を高める成分を多く配合しているものを選ぶことが大切です。

いちご先生イチオシの毛穴ケアアイテム

米肌

14日間トライアル:1,500円(送料無料)

ハリや弾力が低下してきた肌におすすめなのがこの「米肌」のトライアルセット

おすすめポイントは「ライスパワーNo.11」という独自の成分を配合している点です。

ライスパワーNo.11は「肌が自ら潤うことができる(自活保水)を改善できる」と認められた唯一の成分

いちご先生
保湿するのではなく、肌が自分で保湿できるようにする。
米肌はそんなスキンケアです。

米肌を実際に使った詳細レビューはこちらを参照してください。

たるみ毛穴におすすめのその他の美容成分

「普段使っているスキンケアが肌に合ってるから変えたくない・・・」という方もいますよね。
それなら、普段のスキンケアに「プラス1」すると効果的な美容成分があります。

グロースファクター(肌再生因子)を補う


ビタミンC誘導体やレチノールなどを含んだ保湿ケア


セラミド等の肌に水分を保持する成分を含んだケア


いちご先生
それではそれぞれの成分の特徴と配合されているおすすめのアイテムをまとめてご紹介します。

グロースファクター(肌の成長因子)を補う

リルジュリカバリィエッセンス
人が生まれ持っている肌の再生能力を刺激し、活性化させてくれるのがグロースファクター(EGF)と呼ばれる成長因子です。

これは年齢とともにどんどん低下していくことが分かっています。
そんなグロースファクターを外から補うことで、肌を再び活性化させようという美容法がエイジングケアとして人気になっています。

いちご先生
グロースファクターを直接肌に注入するのは美容外科。
ここでは、スキンケアとして肌に塗るアイテムをご紹介しますね。

グロースファクター配合の美容液「リルジュ」

リルジュ

7日間トライアル:999円(送料無料)

グロースファクターだけが配合された美容液。
保湿成分は分子が大きく、グロースファクターの吸収を邪魔するため一切入っていません。

さらっとした水のような使い心地↓
リルジュリカバリィエッセンス

普段のスキンケアにも合わせやすいです。

いちご先生
初回に限り7日間のトライアルを999円(税込)で試すことができるのもおすすめポイントです。

興味のある方はリルジュを実際に7日間試した詳細なレビューを参照してください。

ビタミンC誘導体やレチノールなどを含んだ保湿ケア

ビタミンC誘導体の使用

肌の弾力を維持するコラーゲン。
このコラーゲンの減少に歯止めをかけるのが「レチノール」や「ビタミンC誘導体」を配合したスキンケアアイテムです。
これらは抗酸化成分を含んでおり、肌を老化因子(活性酸素等)から守る働きがあります。

レチノールは、肌の新陳代謝を早めるとされ、出来てしまったシミにもよく使われる成分です。

いちご先生
ビタミンC誘導体やレチノール配合のスキンケアは多くのメーカーで販売していますが、デメリットとして刺激を受けやすいということがあります。
特にレチノール配合のスキンケアは塗った部分の肌荒れや赤み、ヒリヒリ感を引き起こしやすい成分。
当サイトでは、レチノール配合のスキンケアは推奨しません。
そのため、おすすめアイテムはご紹介しません。。

セラミド等の肌に水分を保持する成分を含んだケア

セラミドは涙毛穴に効果的

どんなに積極的に肌に水分を補っても、肌にその水分を蓄積する力がなければ、あっという間に蒸発してしまいます。
これを防ぐのに効果的なのがセラミド補充です。

年齢とともに減少してしまうセラミドを積極的に補うことで、乾燥から肌を守ります。
これにより小じわなどを防ぎ、潤いのある肌に導いてくれるのが目的です。

いちご先生
私がイチオシした米肌はセラミドを産生する成分を配合しています。
セラミド配合化粧品は、セラミド自体を肌に補うスキンケア。
個人的にはセラミドを肌内部で生み出してくれるライスパワーNo.11の方が長期の保湿に向いていると考えています。


セラミド配合のスキンケアも世の中にはたくさんあります。

ドラッグストアでみかける「キュレル」もセラミド化粧品の一つです。
ただし、当サイトでおすすめするセラミドはヒト型セラミドと、ヒト型セラミドに近い植物性セラミドのみ。

合成セラミドは刺激になる可能性があるためおすすめしません。

ヒト型セラミドといえば小林製薬の「ヒフミド」が有名。
実際にヒフミドを使った詳細レビューがあるので、参照してみてください。

もう一つ、植物セラミド配合の「アクシリオ」は、超敏感肌の方におすすめするセラミド配合のスキンケアです。

スキンケア以外に取り入れたいたるみ毛穴改善法

たるみ毛穴をセルフケアで治そうと思ったら、日々の努力は欠かせません。
ここではスキンケア以外に取り組んでほしいたるみ毛穴に効果的な方法をまとめます。

表情筋を動かすことで皮膚を支える力を強化

表情筋を動かす

皮膚の下にある筋肉が減少することで、その上にある皮膚を支えられなくなり、たるみの原因になります。
表情筋は30種類以上の筋肉で構成されています。

口輪筋を動かす「あーいーうー・・・」と大きくゆっくりと口を動かす体操はおすすめ。
さらには目を上下左右色んな方向に動かしたり、ぎゅっと閉じたり、大きく開いたりする体操の他、風船を膨らます、ガムを噛むなど日常的によく顔の筋肉を動かすことがたるみ毛穴のケアに繋がります。

タンパク質と緑黄色野菜を積極的に摂取

緑黄色野菜を接種する
コラーゲンの原料となるタンパク質や緑黄色野菜を積極的に取ることで、コラーゲンの生成を促します。
卵や、赤みのお肉などをぜひ積極的に食べるようにしましょう。

一度開いた毛穴対策まとめ

毛穴は短期間で開いたものであれば、時間をかけずに改善させることが可能です。
しかし長年放置した開き毛穴には様々な要因が蓄積している場合がほとんどです。
皮脂量、乾燥、年齢などなど。

この場合、どんなに丁寧にケアしたとしてもがんこな開き毛穴は一朝一夕には戻りません。
毎日の地道なケアが重要になります。

諦めずに、毎日のケアを見直してみてください。
お金はかかりますが、美容皮膚科でレーザー治療というのも一つの手段ですし、セルフケアを長期間で頑張って見るのもいいと思います。

いちご先生
一度開いた毛穴には美顔器を取り入れるのもいいと思います。
ただし、継続できればの話。
継続ができないと思ったら毎日のケアを充実させてがんばるのみです!