不安定な混合肌をしっとり安定させるスキンケアとは

混合肌って?

頬や口元はカサつくのに、おでこや鼻はベタつく

洗顔後、部分的につっぱるところがある

季節や日によって肌の調子が全然違う

こんなお肌を混合肌と呼びます。

日本人に多い混合肌

日本人に多い混合肌

実は混合肌は珍しい肌質ではありません。
日本人に多い肌質だとされています。

食生活や気候・気温などが原因とも考えられています。
また、顔の中でも鼻の周囲は皮脂腺が多く、皮脂の分泌が盛んな場所。

それに比べて頬は皮脂腺が少なめ。
このような皮脂腺の分布によっても混合肌が起こりやすくなります。

インナードライ肌が隠れていることも

鼻やおでこの辺りが洗顔後、まもなくテカテカになる、という場合は「インナードライ肌」の可能性も。
インナードライ肌とは角質層が水分不足のため、それを補うために皮脂腺が活発に働きテカってしまう状態。

この場合には肌内部にしっかりと水分を届けることで、改善が見られる場合があります。

↑上記で詳しく説明しています。

混合肌はどうケアしたらいい?

基本的なケア方法は変わりません。

適切な洗顔

しっかりと保湿

乳液・クリームの使用

ここで気をつけてほしいのがアイテムの選び方です。

Tゾーンがベタつくからと、サッパリするようなアルコール入りの化粧水を選んでいませんか?

思春期など、ホルモンバランスによる真性の脂性肌以外の場合、混合肌の背景にはインナードライ肌が隠れていることが多いため、さっぱり系の化粧水が肌内部の水分を奪い、逆効果になっている可能性もあります。

基本的にはアルコールフリーで肌に優しいタイプの化粧水がおすすめです。

またTゾーンには乳液もクリームも使わないという方も、上記と同じ理由からやはり使用をおすすめします。
ただし、ベタつきが気になるようでしたら、使う量をコントロールしてもかまいません。

Tゾーンは控えめに、Uゾーンはたっぷりと。
同じ顔だからとベタ塗りせずに、肌の状態に合わせて使用量を調節してみると、バランスがよい肌の状態になることもあります。

脂取り紙は使わないで

あぶらとり紙は使わない

テカっている鼻やおでこを見ると、つい脂取り紙で吸ってしまいたくなります。
ですが、そこはぐっと我慢。
脂をたっぷりと吸い取ってしまうと、また皮脂を生み出す原因になりかねません。
皮脂は肌が必要と感じているから出ているんです。

吸い取る→皮脂分泌→吸い取る→皮脂分泌・・・この繰り返しに。

また、脂取り紙の使用は時に肌を傷つけることも。

気になる時はガーゼハンカチやティッシュペーパーを軽く押し当てる程度でOK
これだけでもテカるほど浮いた皮脂は取り除けます。

洗顔方法を考える

洗顔方法を考える

混合肌の洗顔方法は、部分部分で洗い方を変えるのかコツ。
Tゾーンは脂っぽいからといってゴシゴシ洗わずに、「もう少し洗いたい・・・」くらいのところでストップ。
乾燥するUゾーンは短い時間でさっとがおすすめです。

なので洗い方としてはTゾーン→目元→Uゾーンの順番がいいと思います。
どの部位もしっかりと泡立てて、優しく泡で洗うようにします。

洗顔料はサッパリ系やオイリー肌用のものは使わず、肌に優しいタイプがおすすめです。

混合肌でお悩みの方におすすめしたい洗顔は?

※アットコスメの口コミ評価を参考にランキングしています。

独自の美容理論で作られたオーガニックスキンケア「オラクル」

オラクルトライアルセット

女優・モデルの愛用者多数

70種類以上の植物エキスで肌を土台から健康に

トライアルなら7点セットで1,600円

公式サイトはこちら

http://www.loracle.jp

価格 送料 容量 特記
1,600円
※初回限定77%OFF
送料無料 7点セット/1週間分

自然由来の力を生かした独自処方で肌の土台から元気にしてくれるスキンケア7点セット。
一度使うと止められない、という口コミが多く個人的にも化粧水と美容液だけは何度かリピしています。

ピックアップ口コミ -fromアットコスメ-
年齢 肌質 評価 特記
38歳 乾燥肌 ☆☆☆☆☆☆☆ 現品購入

ずーっとSK-2を使ってましたが、極度の乾燥肌で、フルラインでリッチクリームを使っても乾燥している感じがあり、ジプシーの旅へ。
そこでこちらをお試し。
美容液がクリームのようにこってりしていて、このあとはクリームだけですが、充分潤います。
ライン使いしても、時短になって、忙しいママにはうれしいです。
定期便をお願いしました。
これから、長期間フルラインを使ってみてからが楽しみです。

オラクルのレビュー記事へオラクルの公式サイトへ

どろあわわ洗顔料【2位 どろあわわ】

濃密な弾力泡で肌ストレスなし!

b-glen毛穴ケアプログラム【3位 ビーグレン】

泡立てない!ジェルのような洗顔が肌に優しい!

メイクが乾燥の原因になることも

メイクが乾燥の原因になることも

女性であれば、ファンデーションを使うのが日課という方がほとんどではないでしょうか。
しかし、このファンデーションが乾燥の原因になることも。

実はファンデーションに含まれる粉体は皮脂を吸う力があります。
皮脂を吸い取って、化粧崩れを防いでくれるという効果もあるのですが、同時に乾燥を招くことも。

頬や口元の乾燥が気になる場合には、パウダータイプのファンデーションよりも、リキッドタイプやBBクリームなどがおすすめ。
乾燥している肌は粉浮きが気になりますが、
に保湿効果の高いBBクリームは乾燥肌と同時にTゾーンのテカりも一緒に防いでくれます。

どうしてもパウダータイプがいい!という場合には、乾燥する場所は薄塗りにしておきましょう。

↑星の数ほどあるBBクリーム。
肌に優しくて毛穴のカバー力が高いものをピックアップしました。

ちなみに私は混合肌
毎年、冬には口角が粉ふき状態。なのに鼻まわりはテッカテカ。

パウダータイプのファンデーションは頬のノリが悪く、鼻周囲は崩れやすいので30歳を過ぎたあたりでリキッドに変更。
その後、肌への負担を考えBBクリーム・CCクリームと渡り歩きましたが、最近試した中では最もお気に入りとなったのがアヤナスのBBクリーム

毛穴がキレイにカバーされるのと、つるんとした陶器肌に仕上がるのが嬉しい。
肌への負担が少ないので、素肌もキレイになるというおまけつき?

色々と浮気もしますが、肌トラブルが出た時には絶対コレを使っています。
私と同じお悩みの方なら久々の神コスメとの出会いに思えるかもしれません( *´艸`)