即効性のあるいちご鼻ケアは綿棒よりも○○だった!
いちご鼻が改善する方法で話題になったのがこちらでした↓


私もこれを知った時に「これでいちご鼻が改善するのなら!」と早速試しましたが、結果はたった一つの角栓のかけらも取れないという残念な結果に。

さらに綿棒で擦りすぎ、数日間ヒリヒリとした痛みが続きました。

正直、綿棒を転がすだけで治るのは、ごく軽度のいちご鼻だと思います。

いちご鼻を繰り返している人、年単位でいちご鼻だった人にはほぼ効果はないでしょう。

20年以上いちご鼻の私。
綿棒は効果なしでしたが、最終的にはいちご鼻を解消できました!
ここではいちご鼻を解消する秘訣をご紹介します。

いちご鼻の原因とメカニズム

まずはいちご鼻の原因と「なぜいちご鼻になってしまうのか」を説明します。

いちご鼻の原因となるものは、毛穴に詰まった「角栓」です。
そして、その角栓のもとになるものは「皮脂・剥がれた角質・汚れ」です。

角栓のもとが毛穴に蓄積していき、毛穴を押し広げていきます。
さらに詰まった角栓が酸素に触れることで酸化していき、だんだんと黒く変色していきます。

それらが鼻のてっぺんや小鼻にたくさん詰まった状態=いちご鼻です。
いちご鼻のメカニズム

詰まった角栓は空気に触れている部分は硬くなっていきますが、その下にある部分は油分を含み柔らかいです。

そのため、毛穴パックやアクネプッシャーなどで押し出しても、途中で角栓が残ってしまいます。

角栓が残った毛穴は閉じることが出来ず、開きっぱなしです。

そこに新たに角栓のもとになるものが落ち込んでいき、新たな角栓になります。
これがいちご鼻が繰り返す原因になります。

さらに、長い間角栓に圧迫され続けた毛穴周囲の細胞は、正常なターンオーバーが遅れ、古い角質が蓄積し硬くなっていることが多いため、完全に角質を除去できた場合でも、毛穴は開いたままになってしまうことも少なくありません。

いちご鼻を完全に治すためには

  • 角栓を除去する
  • 毛穴を収縮させる

この2つが両方成り立たないといけません。

即効で治るいちご鼻の特徴とは

いちご鼻
同じように見えるいちご鼻であっても、「即効で治るいちご鼻」と「時間が必要になるいちご鼻」の2種類が存在します。

ちなみに即効といっても1週間~1ヵ月程度は時間が必要になります。

即効で治るいちご鼻の特徴を下記にまとめます。

  • 毛穴は丸い
  • 年齢は40歳以下
  • 日焼けには気を使っている

最も重要なのは毛穴の形です。
毛穴が丸い形であるいちご鼻の場合は、短期間での改善が見込めます。

毛穴が丸いということは肌の弾力が保たれているということ。

肌に弾力があると毛穴が閉じやすく、元通りになる再生力も高いと言えます。

多くの場合、年齢が上がるにつれて肌の弾力を維持するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸量が減少していきます。

個人差がありますが、40歳は肌老化が目立ちやすくなる時期でもあります。

毛穴が丸い状態をキープできているのであれば、40歳以上でもいちご鼻の改善はスムーズな場合もあります。

また黒ずみ角栓のように見えているいちご鼻でも、実は毛穴周囲にメラニン色素が出てきたいちご鼻の場合もあります。

この場合、黒ずみの原因は角栓ではなく、メラニン色素。
よって、角栓を除去しても、毛穴が閉じてもいちご鼻の改善には至りません。

普段から日焼け止めを使わない方の場合はいちご鼻の原因がメラニン色素の場合があり、こうなると改善には別のアプローチが必要になります。

上記に当てはまらない方はいちご鼻を速やかに改善できる可能性が高い方です。
それでは具体的ないちご鼻対策に取り組んでいきましょう。

効果的なクレンジングと洗顔

いちご鼻に使うクレンジングと洗顔
あなたはクレンジングにどれくらいの時間をかけていますか?
1分~2分以内の方がほとんどではないでしょうか。

いちご鼻を即効で解決するにはクレンジングにかける「時間」はかなり重要です。
理想的なクレンジングにかける時間は「5分間」。

長い!と感じる方がほとんどですよね。
そんなにクレンジングしていたら肌に負担がかかる!という声も聞こえてきそうですが、いちご鼻を改善するためには角栓を除去するのが最初の重要なステップです。

丁寧なクレンジングは絶対に外せません。
メイクをした日もしない日もクレンジングは寝る前に必ず行います。

とはいえ、これほど長い時間クレンジングをするとなると、どのクレンジング剤を使ってもいいというわけにはいきません。

肌に刺激となるものが配合されておらず、美容成分が豊富なクレンジングが理想です。

安心して5分間のクレンジングができるアイテムとして「フルリのクリアゲルクレンズ」が人気です。
フルリのクリアゲルクレンズの公式サイトへ
実際に使ったレビューもありますので、興味のある方は参照してみてください↓

【フルリのクレンジング】効果や口コミは?実際に使ってみた!

お肌に気を使うモデルさんや女優さんは、高価な乳液をクレンジング代わりにする方も多いと言います。

そこまでは推奨しませんが、普段何気なく使っているクレンジングを見直し、メイクを落とす力だけではなく、美容・保湿成分がしっかりと配合されたクレンジングを使うことをオススメします。

クレンジングのコツは「ソフトにゆっくり」。
肌に馴染ませる際に素早く手を動かすとその分肌は擦られて刺激を受けてしまいます。

まずは顔全体にクレンジングを馴染ませて、一呼吸。

それから面積の広い頬やおでこ、顎の順でゆっくりと円を描くように、手を動かしていきます。
円は2秒で1周するくらいの速度が理想です。

肝心な鼻部分はゆっくりと指を上下させます。
毛穴の中にジェルが入り込むイメージです。

最後はぬるま湯で30回以上すすぎ、浮いた汚れを完全に肌から流すようにしましょう。

洗顔はジェルか濃密泡で洗う

洗顔はジェルか濃密泡でゆっくりと洗う
洗顔はジェル洗顔か濃密泡洗顔が理想です。
洗顔の場合も、とにかくソフトにゆっくりと。
ただし、泡洗顔の場合はあまり時間をかけると肌の乾燥を招く恐れがあるため、長くても2分以内にとどめましょう。

泡洗顔のコツとしては顔に指が触れないように。
ジェルの場合は、肌を撫でるように優しく行います。

洗顔は朝と夜の2回行うのが理想。
朝は水だけ洗顔の方も多いですが、いちご鼻を素早く改善させるためには夜間活発に分泌された皮脂が毛穴に落ち込む前に洗い流してしまうことが大切です。

入浴時には「いちご鼻体操」をしよう

いちご鼻を早く解消するためにおすすめなのが入浴しながら行う「いちご鼻体操」。

顔の中でも普段ほとんど動きのない鼻。
そこを手を使って積極的に動かすことで、毛穴内にたまった角栓を浮かしやすくします。

湯船に浸かりながら、十分に体が温まったところで行うのが効果的です。
詳しいやり方を説明します。
鼻マッサージのやり方

1.お風呂にゆったりと浸かって毛穴を柔らかくし、開かせる
2.オイルなど何もつけずに優しく鼻をつまみます
3.これを色んな角度からぷにぷにとつまんでいきます(準備体操)
4.両手の人差し指を両鼻穴の中央に当てて上にグーッと持ち上げる(5秒キープ)
(※いわゆるブタ鼻を作ります)
5.鼻全体をモミモミ(10秒)
6.今度は鼻の穴に指を入れて、小鼻方向へグーッと押します(左右交互に5秒キープ)
7.鼻全体をモミモミ(10秒)
8.これを数回繰り返す

注意点として、「手を肌の上で滑らせないこと」。
鼻を擦るようにマッサージすると、刺激になってしまいます。

あくまでも指を「押し当てるように」しながらマッサージをします。
マッサージは3分程度を目安にします。

いちご鼻に効く保湿とは

いちご鼻にとって保湿の意味は

  • 肌のターンオーバーを正常化する
  • 硬くこわばった古い角質を柔らかくして浮かす
  • 毛穴周囲の肌を柔軟にし、毛穴を閉じやすくする

という意味があります。

そのため、保湿は十分な時間をかけて角質層をしっかりと水分で満たすイメージでしっかりと保湿を行うことが大切です。

また、浸透力が高い保湿剤を選ぶこと、ビタミンC誘導体やAPPSといった肌の新陳代謝を高める成分がプラスされたものを使用するのはさらに効果的です。

たっぷりと化粧水を手に取り、手に肌が吸い付いてくるまでたっぷりと与えます。

化粧水で保湿した後は、乳液や美容液、そしてクリームを使って長時間化粧水が肌に留まるようにしてあげましょう。

毛穴の引き締めに!スペシャルケア

いちご鼻の改善を早めるためにスペシャルなケアを行うこともおすすめです。
毛穴を閉じさせることに着目して作られた美容液を毎日のケアにプラスします。

「〇〇専用美容液」(目元専用、毛穴専用、シミ専用等)はやや高額なものが多いですが、目的に応じて使い分けることができ、必要な部分に使えば効果が高いのが特徴です。

当サイトで人気No1!毛穴ケアアイテムはこちら

毛穴ケアプログラム

いちご鼻を素早く治したいけど「何を使っていいか全然分からない!」という方におすすめなのがビーグレンの「毛穴ケアプログラム」です。

汚れを吸着して絡め取る「クレイウォッシュ」は泡立てないジェルタイプ。
肌に伸ばして優しくマッサージするだけでつるつるになります。

洗顔後に続く保湿はQuSomeローション。

元々は腫瘍(ガン)に薬を届けるために開発された先端テクノロジー「QuSomeカプセル」に保湿・美肌成分を詰め込み、角質深くまで浸透させることができる化粧水です。

次いで、 CセラムはビタミンC誘導体で肌の新陳代謝を高め、QuSomeモイスチャーゲルクリームは過剰な油分を使わずに肌を長時間しっとりとさせてくれる優れものです。

1,944円(税込)送料無料で4種類・7日間のトライアルセットがあるので、まずは効果を試してみたいという方におすすめです。

\\2018年3月5日まで//
今だけ、ふわっふわサロン仕様!ヘアターバンをプレゼント中です

※トライアルセット購入者限定

私自身が実際に7日間使用したレビューを読みたい方はこちらをどうぞ↓
【口コミ】検証!ビーグレン毛穴ケアプログラムはいちご鼻を治す?

スペシャルケアで使うなら

珍しい「鼻トラブル対策用美容液」
医薬部外品の薬用美容液で、3種のヒアルロン酸Naを含んだ濃厚美容液です。

洗顔後にプラスすると、皮脂の分泌が抑えられ一日中うるおいが続くため、毛穴周囲の皮膚は柔らかく、閉じやすくなります。

私も実際に使い、いちご鼻が劇的に改善したと実感できたアイテムでもあります。
合成香料・着色料・アルコール・パラベン・鉱物油無添加。

肌に優しい処方で、アトピーや敏感肌の方にもおすすめ。

初回1,880円(送料無料)で試せるお手頃美容液。
180日間返金保証なのも嬉しいですね。


リメリーの返金手続きの方法と流れ
私自身が実際に使用したレビューを読みたい方はこちらをどうぞ↓
鼻ニキビもいちご鼻も!鼻専用美容液「リメリー」1週間体験レポ

時間が必要ないちご鼻の特徴とは

改善に時間がかかるいちご鼻

短期間で改善しやすいいちご鼻に対して、時間が長く必要となるいちご鼻もあります。

時間がかかるいちご鼻の特徴として

  • 毛穴が涙型
  • 年齢が40歳以上
  • 紫外線対策をしていない肌
  • 毛穴がデコボコしている
というのがあります。

涙型毛穴というのは、毛穴が下向きに垂れた状態で、ひどくなると毛穴と毛穴が線で繋がった筋のように見えることも。
頬や顎など柔らかい皮膚で起こりやすいです↓
治りにくい毛穴

これはたるみ毛穴の特徴で、肌のハリのもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが不足した状態。

個人差がありますが、これらの成分の減少が肌に現れやすいのが40代頃。
一旦たるみ毛穴になると肌の立て直しから行わなければいけないため、時間が必要になります。

さらに紫外線ケアをしていない肌もまた、いちご鼻の改善には時間がかかるケースが多いです。

紫外線を浴びることで、肌は光老化しやすく、ハリや弾力のもととなる上記の「コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸」は減少しやすくなります。

また、メラニン色素が活発になり、毛穴の黒ずみは角栓ではなく「色素」による場合も。

メラニン色素が肌に浮き出でしまうと、改善には短くとも数ヶ月、長ければ年単位での改善が必要になります。

たるみ毛穴やメラニン蓄積型、さらに毛穴がデコボコしている重度のいちご鼻の場合は、エステや美容皮膚科でのレーザー治療を選択した方が早く解決できるケースが多いです。

いちご鼻に行われるレーザー治療はいくつかありますが、多く使われるものとして、

  • カーボンピーリング
  • フラクショナルレーザー
  • eCO2レーザー

があります。
どのレーザー治療を受けるか、そもそもレーザー治療を受けるべきなのかどうかはカウンセリングを受けた上で決定する必要があります。

気になる費用ですが、いちご鼻の改善を目的としたレーザー治療は範囲が鼻だけと狭いため、おおよそ3万円~5万円で受けられることが多いようです。

費用についてはクリニックによって差がありますので、気になるクリニックがあれば、HPを確認したり問い合わせをすることをおすすめします。

※以下をクリックすると各レーザー治療の詳細が表示されます↓

カーボンピーリングとは
フラクショナルレーザーとは
eCO2レーザーとは

根気よくセルフケアをしようと思うのなら

たるみ毛穴のいちご鼻を改善するのは、セルフケアではかなり根気が必要ですし、改善が難しいこともあります。

しかしながら、最近のスキンケアでは肌の老化遺伝子NF-κB(エヌエフ・カッパー・ビー)に働きかけるものもあります。

このような成分を含んだスキンケアを用いることで、少しずつお肌の再生能力を安定化し、年齢による毛穴の改善や悪化の予防に歯止めをかけることができる可能性があります。

このような成分を長く継続して使い続ける際に気を付けて欲しいのは、肌に負担になる成分をなるべく含まないこと。

合成香料や着色料、アルコールなどは刺激になるため、長期使用はおすすめできません。

たるみ毛穴におすすめしたい毛穴専用美容液

毛穴美容液ソワン

ソワンは肌の老化遺伝子であるNF-κBを抑制し、年齢による毛穴の開きをケアする毛穴専用美容液です。

植物であるアーティーチョークから抽出した成分シナロピクリンがこのNF-κBの暴走を抑制してくれるそう。

さらにビタミンC誘導体配合で、肌の新陳代謝を高めてくれます。

毛穴収れんのため、アルコールは使わずに5種類のハーブを使用。

長期でも安心して使用できるように、パラベン、鉱物油、合成香料、石油系界面活性剤、着色料、アルコールは無添加です。

初回はソワン(毛穴専用美容液)本品に、5mlのサンプルと大判のコットン付きで980円。

定期購入で購入回数のお約束(6回)がありますが、5mlサンプル使用で肌に合わないと感じたら30日以内であれば返品できますし、その際は定期購入もキャンセルできます。

5mlで5~7日間使用することができるので、興味があればチャレンジしてみることをおすすめします。

今すぐできる!いちご鼻を上手に隠すメイク方法

いちご鼻を隠すメイク術

コンシーラーやパテ系化粧下地などを使って毛穴を隠すのも大切ですが、一時的に隠れたとしても時間が経つことで、皮脂浮きによりファンデの毛穴落ち、化粧剥がれなどが気になりますよね。

特に皮脂を吸収するタイプのパウダーファンデの場合、結果的に肌の乾燥を招き皮脂テカになることが多いです。
これを打破するのに重要なのが、「毛穴の潤い」です。

毛穴カバー力が高い「BBクリーム」を使ってナチュラルに仕上げるコツ

毛穴をカバーしたい&皮脂分泌を抑えたい場合には「保湿効果のあるのBBクリーム」がおすすめです。

BBクリームは、元々皮膚の傷跡をカバーするために誕生したもの。
カバー力が高いというのがBBクリームの前提です。

普段、パウダーファンデーションを使用していて、いちご鼻が上手に隠れない場合にはBBクリームは試す価値ありです。

コンビニやドラッグストアで購入できるようなプチプラBBクリームでもいいのですが、保湿力が不足すると皮脂分泌が活発になりテカってくる場合もあります。

そのため、美容液成分や保湿成分がたっぷり含まれたBBクリームをチョイスすると長時間のテカりを防止し、化粧崩れ対策にも繋がります。

おすすめのBBクリームは?

アテニアBBクリーム

基本どのBBクリームもカバー力を売りにしていますが、その中でも特にカバー力が高いと感じたのはこの「アテニアBBクリーム」。
美容液配合で保湿効果が高く、一日中皮脂の分泌を抑えてくれます。

  • 「ストレッチファイバー」で塗るだけで肌がピンと伸びる
  • 「ピンクローズピグメント」で肌の上でピンクの光を乱反射

これにより、いちご鼻だけでなく肌全体がつるんとしたツヤ肌に仕上がります。

分かりやすく画像にします。
こちらがアテニアBBクリームを塗る前↓
アテニアBB クリームを塗る前
毛穴、赤みが目立ち、デコボコ感があります。
ツヤもなく、肌の色ムラのせいで老けた印象です・・・(´;ω;`)ウッ…

こちらがアテニアBBクリームを塗った後↓
アテニアBBクリームを塗った後
アテニアの高いカバー力と、光の乱反射で赤みも色ムラもシミもほとんどオフできました♡

並べてみます↓
アテニアBBクリームを塗る前後の比較
目の下や小鼻のシワもストレッチファイバー効果でピン!とハリが出た印象。

アテニアBBクリームを使うと、年齢を感じさせない透明感のある肌に早変わりです( *´艸`)

個人的には昨年出会ったBBクリームの中で最も優秀でした。

SNSで話題のいちご鼻解消法は効くのか

巷では身近にある色んなものがいちご鼻に効く!と言われたりします。

それらは本当に効果があるのでしょうか?
実際に試したものも含め、その効果について説明します。

毛穴パック

いちご鼻の定番アイテム、「毛穴パック」。
メジャーなものはシート状になっており、水で濡らして鼻に張り付け10分ほどしたら剥がす、というタイプのもの。

一気に角栓が抜けることで、一時はとても流行りました。

ですが、角栓が抜ける際に毛穴を押し広げることで、毛穴が開きます。
開いた毛穴は再び角栓を作ってしまうため、再び毛穴パックをすることに。

ひたすらこれを繰り返すことになり、いちご鼻自体の改善にはなりません。
毛穴パックは角栓は取れるけれど、毛穴を広げてしまうリスクのあるものであるため、おすすめできない方法です。

ワセリン


ワセリンを塗ってラップなどでフタをするワセリンパックもいちご鼻を解消するというウワサがあります。

まずはワセリン自体の説明になりますが、ワセリンはそもそも肌に浸透しません。

口から入っても消化吸収せず、そのまま排泄されます。
吸収されないからこそ、生まれたての赤ちゃんにも使うことができるのです。

ワセリンで潤うというのは、ワセリンがラップの役割をし、自分の体から出てきた皮脂や水分を閉じ込めるから。
結果、肌は自身の力で潤うことができます。

この観点からワセリンでいちご鼻を解消するというのはやや難しいと言えます。
しかし、ワセリンは油分がほとんどであるため、柔らかい角栓であれば親和し、溶けて小さくすることもあります。

この結果いちご鼻が改善したと感じる場合もあると思います。

しかし、上記したように皮膚への浸透ができないため、毛穴を積極的に柔軟にすることはできず、いちご鼻が再燃する可能性は高いでしょう。

ニベア


ニベアの鼻パックでいちご鼻が改善するというものもあります。
これはワセリンと同様に油分により、角栓が溶けて浮きやすくなるためだと言えます。

さらにニベアを塗り、ラップでパック。
湯船に浸かってから洗い流すという方法はもっと効果的だというウワサも。
汗腺と毛穴は違いますが、汗で肌が柔らかくなり、汚れが浮きやすくなる相乗効果があるのかもしれません。

私自身、過去にニベアパックを試してみました。
画像つきで詳しくレビューしているので気になる方は是非読んでみてください。

ニベアで毛穴がキレイになる?!ウワサがホントか試してみた

オロナイン


オロナインもまた、いちご鼻に効果があるというウワサがあります。
やり方はニベアやワセリンと同様で、鼻に塗ってラップでパックし、10~20分間放置してから洗い流すというもの。

ニベア、ワセリン、オロナインに共通するのはいずれも「油分が多い」ということ。
いわば、オイルクレンジングに近い状態だと言えます。

角栓を浮かせるためにオイルは効果があります。
しかし、オイルは肌に残ると酸化して負担をかける恐れがあり、一旦よくなったいちご鼻もオイルの酸化によりすぐに再燃してしまう可能性も。

参考までにオロナインでいちご鼻パックしたレビューがありますので載せておきますね。

いちご鼻がオロナインで改善?実際に試したらこうなりました

いずれも、いちご鼻専用のスキンケアには到底かなわないと言えます。
ただし、いちご鼻の程度や個人差により意外なほど改善した例もSNSを見ていると少なからずあるようです。

とりあえずだめもとで試してみるのもいいかもしれませんね♪

いちご鼻の悪化を招くNG行動とは

いちご鼻を悪化させてしまうNG行動

ついうっかりやってしまっている「いちご鼻を悪化させてしまうNG行動」とは一体どんなものがあるのでしょうか。
具体的にまとめていきますね。

1日に何度も顔を洗う

1日3回以上顔を洗う

1日に3回以上顔を洗う、しかもゴシゴシと力強く洗ってしまう、潤い成分の配合されていない洗顔料を毎回使ってしまっているという方は要注意です。

顔を洗う度に皮脂は奪われていきます。
その皮脂を補うために、また新しい皮脂が分泌されます。

要は肌が乾燥すればするほど、皮脂が分泌され続けるわけです。
皮脂の過剰分泌が起こると毛穴にたまって、いちご鼻の原因になってしまいます。

いちご鼻の改善に皮脂を適量に整えることは大切です。
洗顔→皮脂分泌でテカる→洗顔の繰り返しになっていませんか?

鼻を触るクセがある

鼻を触るクセがある

緊張したり、考え事する際につい鼻を触ってしまう・・・そんな方も少なくないですよね。
ですが、このクセはいちご鼻を悪化させてしまう可能性があります。

手には常に雑菌がつきまといます。
ドアノブ、パソコン、スマホ。
触れたものについた雑菌は手に移り、これで鼻を触ると鼻に移ります。
しょっちゅう鼻を触ってしまうということは、鼻の表面に雑菌や汚れを塗っているのと一緒です。

皮脂を食べる雑菌であれば鼻周囲はまさに繁殖の好条件。
毛穴に入り込んで炎症を起こすこともあります。

つい鼻を触ってしまう方は意識して止めるようにすることも大切です。

マスクを常用する

マスクを着用

普段からマスクを使っている方も注意が必要です。
多くのマスクの素材に使われている不織布は化学繊維であり、表面がザラザラとしています。
口を動かすたび、マスクが触れる鼻部分はいつも擦れてしまいます。
これが肌にとっては負担になります。

さらに、一日中つけっぱなしにしているマスクは呼気により適度な湿度を保たれ、雑菌が繁殖しやすい環境に。
これが鼻表面に移ると、炎症を起こしてしまうことも。

どうしても必要な場合以外はマスク着用は避ける、午前と午後でマスクを交換するなどの工夫が大切です。

喫煙する

喫煙する
喫煙することで、新陳代謝が悪くなり肌のターンオーバーが遅れてしまう可能性があります。
結果、いちご鼻の改善が遅れたり、悪化を招くことがあります。

喫煙はいちご鼻だけではなく、肌全体を黒ずませ、弾力を奪うことで吸わない人に比べ5~10歳ほど老けて見られることも。
瑞々しい肌をキープする上で喫煙はNGです。

睡眠不足

睡眠不足
美肌のためには睡眠はとても大事だと言われます。
それは眠ってからの3時間で成長ホルモンが活発に分泌されるからです。

この成長ホルモンは肌の新陳代謝に必要不可欠。
たっぷりと睡眠を取ることで肌自体も元気になります。

正常な肌のターンオーバーを促すためにも睡眠は一日7時間以上しっかり取りたいですね。

食生活の乱れ

食生活の乱れ
肌を元気にする上で各種ビタミン、ミネラルはとても大切です。
コンビニや外食では野菜がどうしても不足しがち。

肌は腸内環境を写す鏡とも言われています。
野菜不足や発酵食品不足により便秘だったり、腸が元気を失っている時は肌もくすみがち。

肌のターンオーバーを正常に働かせるために、積極的にビタミンやミネラルの多い食事を摂取するようにしましょう。
和食は理想的な食生活ですよ。

紫外線対策をしない

紫外線対策をしない

紫外線対策をしないと肌は紫外線を浴びた際にダメージを受けます。
肌の弾力を守るエラスチンや線維芽細胞が傷つき、弾力を失うのです(=光老化)。

さらに、紫外線から身を守るためにメラノサイトという細胞からメラニン色素が作られます。
メラニン色素は紫外線から肌を守る「日傘」のような役割をしますが、これが肌表面に浮き出すとシミやそばかすとなってしまうのです。

さらに毛穴周囲にメラニン色素が蓄積すると、いくら角栓をとっても改善しないいちご鼻になることも。
これを「メラニン蓄積型いちご鼻」といい改善するのに時間がかかります。

紫外線がいちご鼻の原因?!メラニン蓄積で黒ずみ毛穴に!

上記はいちご鼻だけでなく、肌全体のコンディションを悪くしてしまう恐れがあります。
当てはまる項目が多かった方は一度生活習慣を見直してみることをおすすめします!

いちご鼻予防に大切な5つのコツとは

いちご鼻の予防法

せっかくいちご鼻が治ったとしても、また元通りになってしまったらがっかりです。
いちご鼻を改善するためにやってきた努力を水の泡にしないためにも、普段から以下の5つのコツを意識した生活を心掛けることをおすすめします!

クレンジングのコツ

時間をかけて丁寧に行いましょう。
そのためには肌に刺激の少ないクレンジング剤をチョイスします。

どうしても肌に合うクレンジングが見つからない時には、女優さんのように乳液をクレンジング代わりにしてみるのも一つの手です。
クレンジング後は30回以上ぬるま湯で丁寧にすすぐことも忘れずに。

保湿のコツ

角質に浸透しなければ保湿している意味がありません。
化粧水はたっぷりと手にとって、肌が吸い付くようになるまで数回に分けてつけてあげます。

浸透力を高めるために、低分子であったり、浸透力の高い化粧水をチョイスすることも大切です。

睡眠のコツ

ぐっすり寝るための環境を用意することはもちろん大切です。
静かでできるだけ暗くして休みましょう。

寝る前にスマホをすると目が覚めてしまうので要注意。
寝る1時間~30分まえにはライトの明かりを落としておくと、自然な眠りに入りやすくなります。
さらに体温が低下するタイミングで眠りにつくので、お風呂上りにお布団に入るのも効果的です。

また、見過ごされやすい部分としてシーツや枕カバーを清潔に保つことも重要。
直接肌に触れるものが不衛生だと、そこから雑菌が顔についてしまいいちご鼻を悪化させたり、炎症の原因になる可能性もあります。

メイクのコツ

乾燥しやすいパウダーファンデーションの使用を避けて、美容成分配合のBBクリームやCCクリームを使うことをおすすめします。
さらに、ミネラルファンデーションを使うと肌への負担はほとんどありません。
普段使用しているコスメを見直し、できるだけ潤いをキープできるもの、肌に負担が少ないものを選ぶようにしましょう。

食事のコツ

忙しいことでどうしても外食ばかりになってしまうという方は意識して野菜を摂るようにしましょう。
飲み物をスムージーにしたり、コンビニの野菜サラダを利用してもいいと思います。

サプリメントで摂取しようと思うのであれば、マルチビタミン、マルチミネラルがおすすめです。
とはいえ、サプリメントはあくまで栄養補助食品という位置づけでできるだけ食生活を充実させることが大切です。

まとめ:いちご鼻は本当に治るの?

いちご鼻の原因から改善方法、予防法とまとめてきました。
それでも「本当にいちご鼻って治るの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

断言します。
いちご鼻は治ります。

私自身、20年以上もひどいいちご鼻でした。
そんな私も試行錯誤を繰り返し、いちご鼻を解消することができたのです。

再発を繰り返していた時期もありましたが、今では毛穴自体が収縮し、多少肌のお手入れををサボってもいちご鼻になることはありません。
【ひどい頃のいちご鼻】
ひどい時のいちご鼻
【現在の鼻】
現在のいちご鼻

いちご鼻はセルフケアでも改善できる肌トラブルの一つ。
諦めずにトライすることが改善のカギです。