男のいちご鼻。その特徴と効果的なケア方法とは?

男女問わずに起こる「いちご鼻」。
しかし、男性のいちご鼻の原因には共通点が多いようです。

男性は女性よりも皮脂量が多い

皮脂が多い

男性ホルモンの働きにより、女性と比較すると比較的皮脂の分泌量が多いです。
そのため、毛穴には酸化した皮脂が溜まり、角栓を形成します。

また個人差がありますが、肌のキメも女性と比較すると粗い方が多いです。
これらが影響し、女性のいちご鼻よりも深く、大きな角栓を形成してしまうことがあります。

紫外線ケアに無頓着

紫外線ケアに無頓着

女性はしみ・そばかすを作らないためにまめに紫外線ケアをされる方が多いですが、男性はどうでしょうか。
よほど意識の高い方じゃなければ毎日紫外線対策をしているという方は少ないと思います。

肌は紫外線を浴びることで、メラニンを形成します。
これが常に角栓によって圧迫されることで、ターンオーバーが遅れがちな毛穴周囲に集まって、メラニン蓄積型のいちご鼻を形成してしまうことも。

この場合、角栓を除去してもメラニンが除去されない限り、いちご鼻は改善されません。

あっさり洗顔が多い

あっさり洗顔が多い

普段メイクをしない男性は洗顔もささっと済ませる方が多いと思います。

メイクをしていない分、ファンデーションの毛穴詰まりは起こりにくいものの、空気中の細かな塵などを皮脂が絡めとり、毛穴に蓄積してしまうことも。
また、皮脂は油性であるため、簡単に洗っただけでは汚れと一緒に残ってしまうこともあります。

さらにその皮脂が酸化することで、黒ずみに変化。
余計に目立つようになってしまいます。

どうしたらいい?男性のいちご鼻ケア

どうしたらいい?男性のいちご鼻ケア

男女ともにいちご鼻の改善には日々の継続したケアが必要になります。
たまにしか行わないのであれば、いちご鼻は永遠に改善しません。

ですがどのケアも習慣化してしまえば決して難しいものではありません。

洗顔アイテムと仕方を見直そう

洗顔料を見直そう
普段の洗顔はどんなものを使っていますか?
ドラッグストアで買うメンズ洗顔料、家族のものを適当に、ボディソープや石鹸で適当に、という方も少なくないのではないでしょうか?

洗浄力が強いものは余計皮脂を増やします

洗浄力の強いものは皮脂を増やす

洗浄力の強いもので洗うと、洗い上がりに顔がつっぱる感じがします。
これは皮脂が完全に奪われ、表皮(角質)がむき出しになった証拠。

第一次バリアである皮脂が完全に奪われた肌は、慌てて皮脂を分泌させます。
結果、皮脂は過剰に分泌することが当たり前になっていき、常にギトギトとした脂っぽい肌になってしまうのです。
乾燥が皮脂分泌を活発にさせるメカニズム

表面の皮脂を奪うだけの洗顔では毛穴の汚れを浮かすこともできません。
皮脂の過剰分泌は角質を大きく、黒くさせていきます。

これではいちご鼻を改善することができません。
だからこそ、日々の洗顔料を見直す必要があります。

濃密泡orジェル洗顔を取り入れる

いちご鼻や毛穴の黒ずみをオフするのにおすすめの洗顔は「濃密泡」タイプか「ジェル」タイプのどちらかです。

濃密泡というのはホイップクリームのようなきめ細かな泡で洗う洗顔方法のこと。
手と顔の間に泡があるため、触れることができない位が理想です。

オススメの洗顔料にノンエー」の固形石鹸があります↓
ノンエー

濃密な泡があっという間に立ち、コツが要りません↓
ノンエーの泡を顔に乗せる3
あとは撫でるように2分ほど洗顔し、しっかり洗い流します。
石鹸自体に保湿成分が含まれているため、顔のツッパリ感を感じにくいです。

とはいえ、洗顔後はしっかり保湿することをおすすめします。
保湿は今使っているものが肌に合っているのであれば、それでOKです。

ノンエー公式サイトへ

もし保湿をどうしていいか分からないのであれば、菊正宗の「日本酒シリーズ」がおすすめです↓
菊正宗の日本酒シリーズ

大ボトルで500円ちょいというリーズナブルさで、毎日たっぷりと使うことができます。

日本酒に含まれるアミノ酸で、硬く形状記憶している毛穴を柔らかくし、濃密泡洗顔で角栓が出た後は、きゅっと毛穴を小さくしてくれます。

私も愛用の化粧水&乳液です。
大体どこのドラッグストアでも置いてるので買いやすいのも嬉しいですね♡

ジェルタイプなら「ビーグレン」がおすすめ

ビーグレン クレイウォッシュ

チューブから出した洗顔料を泡立てることなく、そのまま顔に塗っていけるのがジェルタイプの最大のメリットです。
泡立てる手間がないので、簡単で習慣化しやすいという側面もあります。

いちご鼻の改善を狙うのであればビーグレンのクレイウォッシュがおすすめです。
吸着成分である天然クレイの「モンモリロナイト」が微細粒子が毛穴の汚れを吸着してくれます。

保湿は同じくビーグレンのQusomeローション、Cセラムと相性がいいです。

ビーグレンの公式サイトへ

初めての挑戦なら↑こちらの約2週間試せる「毛穴プログラム」がおすすめです!

湯船に浸かる習慣を身につける

湯船に浸かる

忙しい方だとさっとシャワーで済ませてしまう方もいるかもしれませんが、しっかりと湯船に浸かることで、毛穴が開き、汚れを浮かしやすくします。
また、ふやけた古い角質はクレンジング~洗顔で落ちやすくなります。
古い角質を落とすことで、肌のターンオーバーを改善し、角栓により押し広げられた毛穴を引き締める効果が期待できます。

紫外線ケアをしましょう

紫外線対策

朝、出かける前に紫外線対策をします。
これにより、新しくメラニン色素が沈着するのを予防します。
肌のターンオーバーが正常化すれば、今あるメラニン蓄積型のいちご鼻は次第に改善していきます。

紫外線ケアで黒ずみを改善

紫外線対策は今あるいちご鼻対策としても、今後新しくいちご鼻ができるのを予防する上でも効果的です。

↑肌への負担が少ない日焼け止めをお探しの方におすすめの記事です。

いちご鼻が気になるなら固定観念は捨てよう

努力は裏切らない
上記したことを読んで、「男がこんなことをするのかよ」と驚いた方もいらっしゃると思います。
しかし、いちご鼻が気になるのであれば、それを改善させるためのケアが必要になってきます。

男だからワイルドに「毛穴パック」で一発OK!というワケにはいきません。
皮脂の分泌量に差はあるといえど、肌のメカニズムは男女ともに一緒です。

であれば、いちご鼻のケアもまた男女で大差はありません。

男性の生活スタイルを加味し、若干簡単なケアにしていますが、やるべきことは同じなのです。

男性であってもいちご鼻が目立つのは喜ばしいことではありません。
ぜひ、気合を入れて毎日しっかりケアしてみましょう。

きっと頑張った分だけ、肌は期待に応えてくれると思います!