鼻や目の周りが鳥肌のようにプツプツしてるのって治せるの?

もう何年も何十年もずっとそのままという方もいるかもしれません。

たまに気になるけど、どうにもならないんだろうな・・・とあきらめてしまう。

そんな肌トラブルの一つとしてあげられるのがこの
鼻や目の周りが鳥肌みたいにプツプツする
ではないでしょうか。

こんなの↓
ミリウム
出典:ドクターリコの明日もHappy!

これって本当にもう治らないものなのでしょうか?

このプツプツの正体とは一体?

実はこのプツプツには名前があります。

その名もミリウム
日本語では「稗粒腫(ひりゅうしゅ)」とも言います。

この小さな白いプツプツ一つ一つの中には「古い角質がボール状」になって入っています。

皮膚表面はしっかりと閉じてしまっているので、このボール状のものをピーリングやクリームなどで取り出すというのは現実的ではありません。

このため、一度出来てしまうと数年、数十年と変わらず持ち続けてしまいます。

放置したからといってどうこうなるものではないですが、ミリウムが出来やすい体質の場合、一つ二つに留まらずたくさん出来てしまうこともあり、そうなるとザラザラとした手触りに悩んでしまうこともあります。

一体どうしたらいいのでしょうか?

皮膚科で治療できます

ミリウムは皮膚科で治療ができます

ミリウムは中に入っている角質の塊を針でわずかに切開して取り出すことですぐに治ります。
1mm程度ですが切開するため、傷はできます。(ミリウムの大きさに左右されます)
施術後のケアは消毒して、抗生剤入りの軟膏を塗布する程度です。

ただし・・・
混雑している皮膚科の場合、ミリウムの除去を好意的に受け入れてくれない場合もあります(涙)

数が多かったりすると・・・言ってしまえば「面倒」なんだと思います。
命に関わるものじゃないし、放置したからといってどうこうなるものじゃないとなると、放置でいいんじゃない?ということになるんです。

強い味方、美容皮膚科

ミリウム除去に美容皮膚科

ミリウムを積極的に治療してくれる場所に「美容皮膚科」があります。
そもそもミリウムを治療したいというのは美容の要素が強いですから、当然美容皮膚科では積極的に治療してくれるというわけです。

美容皮膚科でミリウムを治療したらボッタくられた、というネット上の書き込みも見かけますが、ミリウムの治療は基本的に医療保険が適用になります。

高くても2~3万円程度だと思いますが、あらかじめ金額はクリニックに問い合わせて確認しておくのがベターです。

美容皮膚科は大体において、無料相談のフォームやメールでの問い合わせを積極的に行っています。
(そうじゃない美容皮膚科は選択しない方が無難だと思います)

そこから問い合わせてみましょう。

【参考:ミリウムの除去方法】

(youtube 4:17)

ミリウム?乾燥?どっちか分からない症例もある

鳥肌のようにプツプツする肌の全てがミリウムとは限りません。

例えばこちら↓
乾燥
出典:教えて!goo

乾燥などラブルからターンオーバーが遅れ、古い角質が肌に留まることでザラザラと鳥肌のような触り心地になる場合もあります。

乾燥により肌代謝が遅れ、そこにミリウムが出来てしまうことも。

鳥肌のような肌が気になるのであればまずは保湿を徹底し、3ヶ月程様子を見てみるのも手。
乾燥によるものであれば、それだけで改善してしまうこともあります。

とりあえず手っ取り早く治したい!のならばそんな期間を設けず、美容皮膚科を受診してもいいと思います。

絶対におすすめしない、ミリウムのセルフケア

ミリウムのセルフケアは絶対にNG

ネット上では自分で針を刺してミリウムを取り出したツワモノもいます。
しかし、目や鼻の側に、自分で針を刺すのはなかなか勇気のいることです。

衛生的に行わないと傷跡が化膿する場合もあります。
処置後のケアも重要なのです。
傷痕を残してしまってはせっかくのケアが無駄になってしまいます。

また本当にミリウムかどうかも自己判断だと難しい場合もあります。

ミリウムを治療したいと思うのであれば、必ず皮膚科または美容皮膚科を受診することをおすすめします。
通常、医療施設であれば表面麻酔を行うため、痛みも軽減した中で治療を行うことができます。