【閲覧注意】小鼻の黒ずみにモッチスキンを1週間使った結果がすごい
雑誌、インスタ、ブログ、各種ランキングで最近よく見かけるようになったアイテム「モッチスキン」。

実際に使ってみた時はそのモッチモチの泡に超感動!
しばらく使い続けていたのですが・・・実は最近になってライバルが登場?!

最強と思っていた泡洗顔モッチスキンと、それを超える(かもしれない)もう一つの泡洗顔について、本音で紹介します!

※当記事はモッチスキンレビュー記事を後日一部修正・追記しております。

モッチスキンって何?

モッチスキン
こちらがウワサの「モッチスキン」です。
これで容量150g

たっぷり60回分なので、朝夜使って約1ヵ月分ですね。

モッチスキンの公式サイトへ

モッチスキンが人気になった理由とは?

今どき特に珍しくもない「泡で出てくる洗顔料」。
なぜ、モッチスキンだけがこんなに人気なんだろうと疑問に思う方もいるはず。

そこで、モッチスキンが人気になった理由を簡潔にまとめます。

泡、というよりムース
ネバネバの泡が絡めとる
美容成分、高級オイル配合
余計なものは入っておらず低刺激

簡単にまとめちゃうと上記のような特徴が人気の秘密みたい。

アットコスメでの評価

@cosmeで評価が高い
まだ販売から半年ほどですが、口コミ数は200件を突破。
しかも、☆5以上。

では、さっそくウワサの泡を試してみます

キャップを開けたところ
まずはキャップをオープン。
泡が出しやすく、まとまりやすい形状をした口になっています。

モッチスキンをよく振ります↓
モッチスキンを良く振ります
使用前によく振っておくのがコツです。

では泡を出してみます↓
モッチスキンの泡を出してみる

最終的にこんだけ出しちゃいました↓
モッチスキンの泡
これは・・・ちょっと出しすぎました(笑)
最初はコントロールが少し難しいかもしれません。
ちょっと少ないかな?くらいで止めておくと膨らんだ時に「ちょうどいい」になるかも。

ウワサののび~るを確認

モッチスキンがどれくらい伸びるかチェック
最初はこんな感じ。
確かに伸びるけど、それほどでもないかな?と思いきや・・・

顔に塗ったあたりからめちゃ伸びだした

モッチスキンを顔に乗せる
モッチスキンを顔に塗って洗う
モッチスキン・・・時間差なの?
手から顔へと塗り始めたら急にネバネバ&ヌルヌルに。

手を顔から離す時に引っ張られるような感覚・・・!
これは毛穴の汚れにも期待できそう♡

顔全体を泡パックしてみました↓
モッチスキンで泡パック
ヌルヌルで気持ちいい♡
エステみたいです。

この間、ピリピリ感など刺激は何一つ感じませんでした。
アラフォーで敏感肌の乾燥肌なんですけどね。

洗い流してみます↓
モッチスキンを洗い流してみる
アットコスメの口コミにも多いですが、泡切れというかネバ切れがよくない(笑)
20回以上洗い流す感覚。
ただ、ここでゴシゴシ擦っては摩擦してしまうので、パッティングするみたいに優しく流すといいと思います。

洗い上がりはしっとり♡

モッチスキンの洗い上がり
洗い上がりはツッパリ感がなく、しっとり。
しばらく放置してもツッパリ感はなし。

モッチスキンを使って一番効果があったのは小鼻の黒ずみ

モッチスキンの使用前後での小鼻の黒ずみ
モッチスキンはその泡とネバネバで汚れを絡めとってくれるアイテム。
ならば、私の小鼻の黒ずみも取れるのか。
今回の一番の目的はそこでした。

変化を感じたのは使用4日目(8回使用)あたりから。
凸凹としていた鼻の手触りがつるんとしてきました。

鏡で見ると・・・「あ、黒ずみ減ってる」って感じです。
これを見た時には「もう一生使い続けるっ!」と思ったんです・・・が。

モッチスキンを超えたっ・・・!D.U.Oザフォームはさらにすごかった

D.U.Oザフォーム
クレンジングで使っているD.U.Oクレンジングバーム。
@cosmeで最近の口コミをチェックしていた時のこと。

「ん?このアイテム超評価高い!」
と、目に留まったのがD.U.Oシリーズの炭酸泡洗顔「D.U.Oザフォーム」。

モッチスキンよりも評価が高いだけではなく、口コミ数は5倍近く。
さらに@cosmeのランキングにINしているではないですかっ・・・!
D.U.Oザフォームの@cosmeでの評価
D.U.Oシリーズはクレンジングバームがお気に入りで色々浮気をするけど肌のコンディションが悪い時には必ず戻ってくるクレンジングです。
その洗顔バージョン、しかも@cosmeでの評価が高いとなると

「いいに決まってる」
ということで即効ポチしました( *´艸`)
D.U.Oザフォームの公式サイトへ

D.U.Oザフォームが届きました

D.U.Oザフォーム
クロネコさんで届きました♡
注文からたった2日!
超ど田舎なのに早くて好印象!

じゃん!これがD.U.Oザフォームです↓
D.U.Oザフォーム
容量150g。
モッチスキンと同じ容量です。

泡を出す前はよく振ります↓
D.U.Oザフォームを振る
モッチスキンと一緒。
ムースタイプは使用前に振るのがお約束です。

では泡を出してみます!↓
D.U.Oザフォームの泡
超きめ細かい!
モッチスキンと同じくらいかな。

顔にのせます↓
D.U.Oザフォームを顔にのせる
シュワシュワ~!
そう、D.U.Oザフォームは炭酸泡洗顔なんです!
ここがモッチスキンとの大きな違い。

炭酸はタンパク質汚れとくっつきやすいため、皮脂や角質汚れを吸着してくれるらしいのです。

洗っている時はほんのり温感。
バラの香りと温かさ、モチモチとした弾力のある泡に癒されます・・・!

洗い流します↓
D.U.Oザフォームを洗い流す
ぬるぬる感がなかなか取れないモッチスキンに対して、D.U.Oザフォームは素早い泡切れ。
余計な摩擦をせずに済むのは嬉しいです。

洗い上がりは肌モチモチ↓
D.U.Oザフォームの初回使用後の肌
何も塗ってないのに、肌に手が吸い付くようなしっとり感♡
ちょっと経つと今度はすごいつるつるに・・・!

しかも。
化粧ノリがすごくよくなりました。
ついでに化粧崩れもしにくくなりました。

D.U.Oザフォームには35種類の美容・エイジング成分がたっぷり配合されていて、洗顔中にリペアマスクとして角質層に浸透してくれるそう。
美容成分や酵素が全5種類のモッチスキン。
やっぱり美容成分は多く入ってた方がいいのかなぁ・・・。

3日間(朝だけ)D.U.Oザフォームを試しました↓
D.U.Oザフォームを使用して3日目
夜はD.U.Oクレンジングバームを使って洗顔(W洗顔なし)なので、朝だけD.U.Oザフォームを使って3日目の朝。
肌にあった細かなプツプツが無くなり、すごく滑らかになりました~( *´艸`)

初回使用の時と比較します↓
D.U.Oザフォームの使用前後の比較
全体的につるんとした印象。
肌の色ムラも改善。
小じわまで改善したように思えます。

マイクロスコープで前後を比較します↓
マイクロスコープで肌の変化を比較する
愛用のマイクロスコープで肌の変化を記録しました。

まずはD.U.Oザフォーム使用直前の肌↓
D.U.Oザフォーム使用直前の肌
そんなに荒れてはいないと思うんです。
ちょっと毛穴が目立ちますが。

D.U.Oザフォームを3日間使った肌↓
D.U.Oザフォームを3日間使った肌
キメがキレイな三角形になりつつあります。
赤みや黒ずみが目立っていた毛穴も落ち着いた印象に。

で、どっちがいいの?モッチスキンVS D.U.Oザフォーム

泡洗顔というよりはムース洗顔と呼んだ方がいいような2つの洗顔料。
一体どちらを選べばいいのよ?!とこれを読んでいる方は思うはず・・・。

ということで、それぞれの特徴を詳しい表にまとめてみました!
モッチスキンとD.U.Oザフォームの比較表
明らかに上回る部分には花丸印を付けています。
こうやってみると・・・D.U.Oザフォームの方が花丸が多くなりました。

ということで、検討の結果しばらく「D.U.Oザフォーム」を使うことにしました!

モッチスキンやD.U.Oザフォームのようなムース洗顔、どんな方におすすめ?

実際に使ってみてどんな肌の方におすすめかまとめますと・・・

毛穴の黒ずみ、角栓、開きが気になる方

洗顔後に乾燥が気になる方

皮脂分泌が多く、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが続いている方

泡立てが面倒な方、苦手な方

忙しいから洗顔は適当という方

コスパのいいアイテムをお探しの方

こんな方はぜひ手にとって試してみる価値があるんじゃなかなぁって思います。

ムース洗顔・・・しばらくハマり続けそうな予感です・・・♡

D.U.Oザフォームの公式サイトへモッチスキンの販売サイトへ

運命の洗顔との出会いになりますように♪