二の腕のぶつぶつ画像

夏になると露出する機会が増える二の腕。
こうなると気になるのが二の腕にあるぶつぶつではないでしょうか。

いつの頃からか二の腕にでき始めたぶつぶつ・ざらざら。
一体どうやったら治るのか頭を悩ませている方も多いのでは?

これって一体なんなのでしょうか?
二の腕を隠したくなるこのぶつぶつの正体と正しい対策をまとめます。

二の腕のぶつぶつの正体、それは「毛孔性苔癬」

二の腕のぶつぶつにはちゃんとした名前がありました。
それは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」というもの。

病気と言っても放っておいても問題になることはない良性疾患。
ほとんどの方は病気というよりは「体質」といった認識ではないでしょうか。

それもそのはず、この毛孔性苔癬は3~5人に1人は発症すると言われています。

早ければ小学生の頃より始まり、小学校高学年になる頃には全体の20%にも及びます。
思春期前後から発症する

ただ、この疾患は30代後半頃から次第に落ち着いてくることもあります(が年齢が上がっても残ることもあります)。
とはいえ、腕の露出をしたい10~20代の女性にとっては深刻な問題です。
では、一体何が原因となっているのでしょうか?

毛孔性苔癬の原因とは

毛孔性苔癬と肥満の関係

家族性、遺伝性があるのでは?と言われていますが、実は詳しい原因についてはまだ解明されていません。

しかしながら毛孔性苔癬になりやすい人の特徴として「肥満」があります。
肥満の解消とともに毛孔性苔癬が解消された方の報告もあります。

このぶつぶつのは一体何で盛り上がっているかというと、「角質」です。
毛穴周囲の角質が肥厚し、それが毛穴を塞ぎ盛り上がります。

ぶつぶつに赤いのと肌色のがあるけれど・・・?

毛孔性苔癬の種類

毛孔性苔癬には肌色と同じもの、赤みを帯びているもの、色素沈着をしたように黒ずんだものなど色々です。
赤みを帯びているからといって必ずしも炎症を起こしているわけではありません。
ただし、毛穴を塞いだ部分に皮脂や垢などが溜まり、炎症を起こしたり、衣類との擦れ刺激による色素沈着を起こしている場合もあります。
炎症を起こした肌にはメラニン色素が集まりやすいため、ぶつぶつ部分の炎症が改善されても黒ずみだけが残ることもあります。

毛孔性苔癬のその他の症状

通常は見た目がぶつぶつ・ざらざらしているだけで、痛みやかゆみは伴いません。
しかし、ごく稀に軽度のかゆみを伴う場合もあります。

毛孔性苔癬は皮膚科で治せる?

毛孔性苔癬の皮膚科での治療とは

毛孔性苔癬の治療は一般的な皮膚科に行くと、「尿素」が含まれる塗り薬を処方されます。
確かに尿素には保湿効果が高く、皮膚を柔らかくする効果が期待できます。
しかし、毛孔性苔癬に対しては効果は乏しい、というが実際のところです。

医師からは「年を取れば治るよ」という説明を受ける方が多いようです。
健康上、害のないものなので、医療機関としてはあまり問題視されないケースが多いように思います。

しかし、若い女性にとって二の腕のぶつぶつは大きなストレスですね。
真剣に治したいと思うのであれば美容皮膚科を検討してもよいかと思います。

美容皮膚科では、ケミカルピーリングやレーザー治療を主に行います。
ケミカルピーリングは数年前までは主流でしたが、再発率が高いことを受け、最近ではレーザー治療を主に行うようになっています。

改善までの期間は人によりますが、通常1度の治療では完治は難しいです。
1ヶ月間隔で2~4回程度行うのが一般的なため、治療の終了には2カ月~半年程度と思っておくといいかもしれません。

費用は通常は1回のレーザーで3万円前後。
完治までは10万円以上かかる可能性があります。

脱毛で毛孔性苔癬が治るってホント?

実は、レーザーを使って毛乳頭(発毛指令をだすところ)を破壊する「医療脱毛」を行うことで毛孔性苔癬を一緒に改善できる可能性があります。
医療脱毛

毛孔性苔癬は毛穴周囲の角質が肥厚して、毛穴に被さった状態のもの。
これを医療脱毛によるレーザーで毛乳頭を破壊した際、肥厚した角質も毛と一緒に取り除かれることが多いためです。

エステで行うレーザー脱毛でもある程度の効果は見込めますが、毛乳頭の破壊はできないため、次回の発毛と共に再発する可能性が高いです。
また、エステでの脱毛の場合、皮膚トラブルがあると受けられない可能性もあります。
さらに、毛孔性苔癬専用の治療よりも数万円以上費用を抑えられる傾向にあります。

医療脱毛を受けるならおすすめしたい口コミ評価の高い美容皮膚科

横浜中央クリニック

横浜中央クリニック
コースが豊富で予算で選べるのが嬉しい。FDA(米国安全基準)から認可を受けた、医療レーザー脱毛機使用で高い脱毛効果
品質の高いレーザー脱毛機を使用し、経験豊富な医師が施術する人気の医療脱毛。
初診前のカウンセリングが丁寧なことでも評判です。
お手軽脱毛コースでは、例えばワキの下で6回9800円とかなりお値段が控えめ。

コストを抑えられるのに、エステ脱毛よりも毛が再発毛しにくいのが医療脱毛の特徴です。

横浜中央クリニックは口コミで人気の医療脱毛クリニック。
ただし、全国展開はしておらず、クリニックは横浜駅徒歩4分の1か所のみ。

アクセスが良いため遠方から来られる方も多いようです。

→横浜中央クリニックの公式ページをチェックする

医療脱毛はコストが高い・・・お金を掛けずにケアできない?

毛孔性苔癬は前述したように手ごわい皮膚トラブルです。
しかし、お金を掛けなくてもある程度は目立たせない、悪化させないようにすることもできます。

その方法をまとめると、

1.擦らない

擦らない

毛孔性苔癬の皮膚の状態を強く擦ると、丘疹のてっぺんを刺激してしまいます。
面ではなく、点で刺激を受け止めることにより、圧力が強くかかりやすいです。

皮膚は強い刺激や炎症を起こしている場所にメラニン色素を送り込む性質があります。
これは肌を強い刺激から守るための防御反応
さらに刺激を受けることで、角質を厚くして守ろうという働きも加わります。
とはいえ、肌が黒ずんだり、硬くなるのは避けたいですよね。

毛孔性苔癬はなるべく擦らないようにしましょう。

2.保湿する

保湿する

皮膚科から処方される尿素配合のクリーム、または刺激の少ないココナッツオイルなどがおすすめです。
保湿を行うことで、硬くなった角質を柔らかくします。
これにより、毛孔性苔癬自体の改善に繋がる場合があります。

ただし、一度や二度の保湿ではなく、気長に継続する必要があります。
毎日の習慣として行うようにしましょう。

3.紫外線ケアを行う

紫外線対策をする

毛孔性苔癬をむやみに紫外線にさらすことで、色素沈着の悪化を招く恐れがあります。
刺激の少ないものを選んでしっかり紫外線ケアを行うようにしましょう。

4.ぶつぶつを潰さない

ぶつぶつを潰さない

ぶつぶつしているのを見ると、毛抜きやピンセットで潰したくなる・・・という方も少なくありません。
しかし、強い刺激は角質をさらに肥厚させる原因になり、悪化を招くリスクがあります。

毛孔性苔癬に荒療治は禁物です。

あんまりお金はかけたくないけど、積極的になんとかしたい!

毛孔性苔癬の改善のために十万円以上は掛けられないけれど、あまりにも保守的なのはちょっと・・・と思うのであれば二の腕のぶつぶつに対して専用のクリームを試してみるのも一つの方法です。

二の腕ぶつぶつ専用ジェル「ピュアルテ」

ピュアルテ
二の腕に適した徹底的な保湿と保水力のアップ、さらに美白成分を加えた専用ジェルでぶつぶつも黒ずみもまとめてケア

ピュアルテは二の腕のぶつぶつに悩む女性の多くに愛用されている二の腕ぶつぶつ専用のジェルです。
使用者の87.5%が好評価であるピュアルテはプラセンタ他、コラーゲン、ヒアルロン酸、セイヨウナシ発酵液などの成分をナノ化&高分子化。
これにより、皮膚深部まで浸透させることと、皮膚表面でラップをすることの両方を同時に行うことができます。

180日間の全額返金保証付き。
肌に合わないと感じたらこの期間ならいつでも全額返金請求が可能です。(※初回分に限る)

価格 送料 有効成分 特典
(初回)5,334円
(二回目以降~)4,890円
※コースにより異なります
無料 セイヨウナシ発酵液・プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲン等 180日間全額返金保証
・無添加・低刺激

ピュアルテ公式サイトへ

他にも脇の黒ずみや臭いも一緒にケアできるアットベリーというアイテムもあります。
決して数は多くない二の腕ぶつぶつのケアアイテムですが、口コミを見る限り効果は期待できそうな予感。

返金保証もありますので、「何をしていいか分からない・・・」とお嘆きの方は試してみる価値がありそうです。