脂性肌を改善するために一番重要なスキンケアとは?

鼻周りだけではなく、顔全体が脂っぽい

毛穴が開いて常に皮脂が分泌されている

顔全体にニキビが出来やすい

こんな症状でお悩みのあなたは「脂性肌」の可能性があります。

※Tゾーンがベタつくけど、あとは普通~乾燥の場合は混合肌

どうしてなるの?脂性肌

脂性肌には大きく分けて2つの種類があります。

真性脂性肌

真性脂性肌

主にテストステロン(男性ホルモン)の影響を受けて皮脂腺が活発になった状態。
思春期(第二次成長期)の頃にはこのホルモンが活発に分泌されます。
これにより、「思春期ニキビ」と呼ばれるニキビが顔中に出来た経験のある方も少なくないでしょう。

この時期、テストステロンの影響を強く受けた皮脂腺の場合、脂性肌が40歳ごろまで続く方もいます。
ですが、平均的には20歳前後で一旦落ち着きをみせ、その後30代後半~40代でテストステロンが活発に分泌される時期まで、皮脂腺の活動が安定する場合が多いようです。

また、体質的に皮脂腺が大きく、活動が活発という方もいます。
このような場合には時期を問わず、脂っぽい状態が続きます。

インナードライ肌

インナードライ肌

角質層が水分不足になると、肌のバリア機能は弱まります。
このバリア機能を高めるため、皮脂が活発に分泌され、弱まったバリア機能を補おうとします。

これがインナードライによる脂性肌です。
乾燥性脂性肌」とも言います。

原因は角質層の乾燥です。
保湿を徹底し、肌の水分保持能力を高めることで改善されることが多いです。

ケア方法は「真性脂性肌」と「インナードライ肌」で違う

見た目には同じ「脂性肌」であっても、その原因によりケア方法は異なります。

真性脂性肌のケア方法

脂性肌の改善にはバランスの取れた食事内容

真性脂性肌の場合、過剰な皮脂をコントロールすることが重要です。

そのためのアプローチとして大切なのが「食事内容」です。
脂っぽい食事は皮脂腺からさらに皮脂分泌を増やします。
肉も魚も全く食べないという食生活はおすすめできませんが、適量を守ったバランスのよい食生活を心がけます。

また男性ホルモンが活発化する原因の一つに「ストレス」や「睡眠不足」があります。
生活習慣を整え、良質な睡眠を取ることが皮脂分泌を抑えることも多いのです。

肌ケアは過剰にならないように

脂っぽさが気になると、ついゴシゴシと擦りすぎたり、洗浄力の強い洗顔料やボディソープなどで洗ってさっぱりさせたくなる場合もあるかと思います。

ですが、皮脂は肌にとって必要なもの
皮脂不足を感知すると、肌はさらに多くの皮脂を分泌させます。
これが結果的に脂性肌の悪循環に繋がる場合もあります。

刺激の少ない洗顔料を使って、泡だけで洗うようにします。
また洗顔時間も2分以内になるように気をつけます。

もちろん、保湿もします。
アルコールフリーの化粧水と乳液やクリームをしっかり使っていきます。

脂っぽいからと保湿を行わないと、「インナードライ肌」による皮脂分泌と同じ状態を引き起こしかねません。

インナードライ肌のケア方法

インナードライ肌には保湿が重要

インナードライの場合は「保湿」がカギです。

特にアトピー肌や、年齢肌の場合には徹底した保湿ケアが大切になります。

この保湿ケアを行う際の注意点としては、「肌に水分を留める」ケアにすることです。

どんなに保湿をしても、肌自体が水分を保持できないとすぐに蒸発してしまいます。
これでは意味がありません。

こうならないために、肌の水分保持能力を高めるようなケアが大切になります。

セラミドを補う

角質層がスポンジのように水分を溜め込むにはこの「セラミド」が必要不可欠です。
ですが、セラミドはアトピー肌や年齢に伴う乾燥肌の場合、正常の半分以下であることも少なくありません。

本来肌が自分で生み出すセラミドですが、上記肌質では自分で生み出す力が弱く、生み出したとしても量が少なすぎるのが問題なのです。

これを補うために「セラミド配合」のスキンケアアイテムをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

真性脂性肌とインナードライ肌は表裏一体です。

どちらの場合も「乾燥させない」「皮脂を取りすぎない」ケアであることが重要だといえます。