セルフで顔のシミを消したいなら試すべき3つの方法!

顔にシミ―。
これがあるかないかで顔の印象ってだいぶ変わってきます。
日頃から紫外線対策をしているのになぜか少しずつ増えてくるシミ。

できれば消し去りたいけど、一体どうやったら消すことができるの?
高いエステや美容外科はちょっと・・・。
そんな風に思い悩んでいる方に効果が高く、チャレンジする価値のある方法をまとめました。

いずれも簡単な方法ばかり。
大切なのは「継続する」ことだけです!

一日も早くシミのお悩みから解放されることを願ってここは一つ、トライしてみませんか?

話題の「シミウス」を使う

各種ランキング、大手口コミサイト「@cosme」などで高い支持を集めているのがオールインワンジェルの「シミウス」です。
シミウスのアットコスメでの評価
800件以上の口コミを集めながら☆5以上をキープ。
多くの口コミでシミへの効果を実感しているオールインワンジェルです。

臨床実験でも有意に効果を発揮

シミウスはの特徴の一つとして、科学的根拠のある臨床データが存在します。

医学雑誌である「新薬と臨牀 2013年2月号」には以下のような臨床実験結果がまとめられています。

薬用オールインワン美容液の肌改善効果について検討した。
薬用オールインワン美容液「ホワイトニングリフトケアジェル」を用いて、同一人の顔の左右対称部位で試験を行うハーフフェイス法とし、10例の被験者の顔の片側(右側)に試験品塗布、もう片側(左側>は試験品無塗布とする遮蔽試験とした。
試験期間は4週間とし、朝晩使用させた。「紫外線シミ」において、シミ個数は、試験品塗布群で使用前に比べ使用4週後で有意な減少(改善)がみられた。
「美白」の写真評価において、美白スコアは、試験品塗布群で使用前に比べ使用4週後で有意な変化(改善)がみられた。
使用前後の変化量について、試験品塗布群が試験品無塗布群に比べ使用4週後で有意な変化(改善)がみられた。
肌状態のアンケート評価では、全項目において、試験品塗布群が使用前に比べて使用4週後で有意な改善または改善傾向がみられた。安全性について問題がないものと考えられた。

簡単にまとめると、4週間シミウスを使ったところ、塗らない方に比べて明らかにシミが減少したということ。
さらに写真を撮って見比べると、4週間使用すると明らかに白くなった。
このように効果が高いスキンケアであるが、肌への安全性も確保されている、ということなんです。

@cosmeの口コミを見ても・・・

シミウスはアットコスメの評価が高い
シミやそばかすが薄くなり、肌全体が色白になったという口コミが多数。
さらには、毛穴が引き締まった、ほうれい線が改善したなど、嬉しい声が多いんです。

ということで、管理人もシミウスを試してみました!

シミウス外観
こちらがシミウスです。
容量は60g。
価格は3,795円。
送料無料で回数のお約束なし。
さらには30日間返金保証付き。
お得&安心して試すことができますね。
シミウス裏面
株式会社メビウス製薬が製造しています。

では早速フタを開けてみますね↓
シミウスの蓋を開ける
清潔な内フタ&スパチュラ付きです。

内フタを外してみると・・・↓
シミウスの中身
キレイな色のジェルです。
スパチュラですくってみます↓
シミウスをスパチュラですくう
シミウスをスパチュラですくいあげる
かなり重みのあるジェルです。
そしてプルプル♪

手に取りました↓
シミウスを手に取る
大体これくらいかなぁ~と思いましたが、この1回量けっこう多めです。
シミウスはマッサージ効果もあるため、粘度が高く揮発性が低いため浸透にもやや時間がかかります。
手早く済ませたい方ならこの半分くらいでも十分な量だと思います。

顔に乗せてみました↓
シミウスを顔に塗る
これまで使ったどのオールインワンジェルとも違います!
ドゥルンと弾むような弾力。
指先を押し返すほどの弾力です。

2~3分かけて顔全体に塗りこみます。
塗った直後は肌ツヤツヤです。

このへんのシミが消えたらいいな♪

目の下のシミ
ずっと気になっている目の下のシミ。
薄いんですが、ソバカスみたいにたくさん散らばっています。

このへんのシミが改善し、あわよくば毛穴も小さくなってくれたら嬉しいなと思って使い始めました。

10日間使ってどうだった?

※個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。
シミウスを使ってちょうど10日経ちました。
今の肌はこんな感じになっています↓
シミウスを10日間使用した結果
シミは・・・まだありますね。
ただ、肌全体のキメが整い、毛穴も縮小した印象。
肌全体が少し明るくなったようにも見えます。

手触りもしっとりしていて気持ちがいいです。
@cosmeの口コミで見かける口コミを自分の肌で実感した感じです♪

ちなみに、今のスキンケアは洗顔後これだけです。
このままシミが消えるかどうか、経過をみていきたいと思います!
結果はまたこちらの記事に追記していきますね。

シミウスの公式サイトへ

ビタミンAを上手に使う

ビタミンAでシミ対策

これまではシミを消す方法と言えば、美容皮膚科で行われるレーザ治療がメインでした。
高い金額と刺激の強い治療で、多くの女性はシミが出来てもあきらめる以外の手段はありませんでした。
しかし、2012年。
NHKのあさイチ!でも放送されたことで、認知度を高めた「トレチノイン」
これはメラニン色素を排出するという優れた効果を発揮すると話題に。

トレチノインはビタミンAの一種であるレチノイン酸のこと。
使い方はシミの部分だけに綿棒などで塗ります。
これだけでシミが薄くなる、消えていくと話題になりました。

しかし、トレチノインには問題があります。
肌への刺激が非常に強く、細胞内毒性や光線過敏性などがあり、トレチノインを塗った肌を紫外線下に晒すことはとても危険です。
日本では医師の処方の元でしか販売許可のないトレチノイン。
2012年前後では藁をもつかむ思いでトレチノインを個人輸入していた方も多く、それによる肌トラブルも問題となりました。

刺激性の少ないビタミンAを使うのがカギ

トレチノインでは肌刺激が強かったですが、同じような作用を得られるのに、肌への刺激は少ないスキンケアもあります。
それが「パルミチン酸レチノール」と「酢酸レチノール」です。
高い浸透力を持ち、安定した作用があります。

これを商品化したものが「エンビロン」と呼ばれるアフリカで誕生したスキンケアラインです。
エンビロン

最初は少ない量のビタミンAから始め、少しずつステップアップするスキンケ方法。
これはビタミンA投与による「A反応」を起こす可能性があります。(赤み、かゆみ、乾燥、ほてりなど)
そのため、エンビロンでは少量のビタミンAからスタートし4ステップでシミの改善を目指すプログラムがあります。

エンビロンというスキンケアはステップ1・2まではネットで購入できますが、それ以上の場合には指定されたクリニック・スキンケアサロンでしか購入することができません。

出来てしまったシミ、本格的に消したいと考えた時に試す価値があると言えます。

エンビロンのレビュー記事へエンビロンの公式サイトへ

継続こそ力なり!食事対策

食事でシミ対策

シミの原因は一つではありません。
紫外線はもちろんですが、加齢、妊娠などの女性ホルモンの変化、炎症、ストレス、乾燥など様々です。

このようなシミを起こす原因を体の内側からサポートするのが食事だったりします。

食べたもの全てが吸収されるワケではないけれど

ビタミンC、ビタミンB2、L-システイン、リコピンなど、肌のシミ対策に効果的だとされる成分はいくつかあります。
これらの栄養素を多く含んでいる素材を食べることは肌に効果的だと考えられています。

食べた全ての栄養素が体に吸収されるワケではなく、一緒に食べたものや温度、体調などによっても変わってきます。
それでも、継続して食べ続けること、上記した食品を意識して食生活に加えていくことが重要です。

ブロッコリー、パプリカ、大豆製品、レバー類、トマトなど、日々の食事に加え続ける。
即効性はないけれど、肌を土台からサポートしてくれる大切な栄養素です。

あくまでも1点摂取ではなく、バランスよく食事をとること。
このルールを守り、シミに効果的な食生活を始めてみませんか?