砂糖がいちご鼻をオフ!医療現場でも使われる「砂糖」の意外な効果とは

塩スクラブや塩サウナ、塩洗顔など「」が肌ケアに使われるのは有名ですが、「砂糖」って聞いたことありますか?

実はこの砂糖、医療現場ではずっと昔から皮膚治療に活用されてきました。

医療現場で使われる「イソジンシュガー」とは

イソジンシュガー
このイソジンシュガー。
以前は褥瘡(床ずれ)に対して広く使われてきました。
床ずれというのは長い間同一部位が圧迫されたことで、血流が悪くなった場所が腐ってしまうもの。
床ずれ
maruho:「褥瘡(床ずれ)の治療」より引用
寝返りを自分でうてないような寝たきりの方が多くこの床ずれで苦しんできました。

これに対して、砂糖の吸水性と抗菌作用、保湿作用が効果的だと分かり、イソジンシュガーをたっぷりガーゼに塗り、それを床ずれに直接貼り付けていました。

現在はさらに効果的な方法確立され、床ずれに対してイソジンシュガーを使うことは減りました。
ここから言えることは、砂糖の持つ効果というのは古くから医療の世界においても常識だったということです。

肌ケアに期待できる砂糖の効果とは

砂糖に期待できる効果は下記の3つです。

保湿

古い角質除去

浸透力の上昇

一つ一つ説明していきますね。

保湿

砂糖には上記したように高い保水力があります。
一度取り込んだ水分は長くそれを維持する力も備わっています。

これを肌に浸透させることで肌に保湿効果をもたらします。

古い角質除去

砂糖も完全に水に溶けきる前はスクラブとしての効果を発揮。
塩を違うのは、その柔らかさ
水に溶けやすい砂糖は水分に触れるとすぐに溶けて丸い形状に変化します。
そのため、肌の上では柔らかいスクラブとなり、古い角質を優しく除去します。
吸着する性質も手伝って、古い角質を効果的に除去してくれます。

塩は水に溶けにくく、角ばった形状をしているため、肌を傷めてしまう恐れがありますが、砂糖は赤ちゃんの肌にも安心して使えるほど柔らかです。

浸透力の上昇

砂糖で優しくマッサージした肌は驚くほど柔らかくなります。
砂糖の浸透圧の影響で、角質層の浸透力も高まり洗顔後の化粧水が効果的に浸透します。
化粧水の効果を実感しやすくなります。

正しい砂糖(シュガースクラブ)の使い方とは

ブラウンシュガーはシュガースクラブにおすすめ

肌に効果的な作用がたくさんある砂糖。
では一体どのように使ったらいいのでしょうか。
具体的にまとめたいと思います。

砂糖はしっとりしたブラウンシュガーを選ぼう

サラサラとしたグラニュー糖、上白糖に黒砂糖にザラメ・・・。
砂糖と一言でいってもその種類は様々。
一体どんな砂糖を選ぶべきでしょうか。

おすすめは入手しやすいブラウンシュガーです。
漂白されていない自然な砂糖で、上白糖やグラニュー糖よりも水に溶けやすく、柔らかいスクラブとなります。
また保湿力も高く、肌の炎症を沈静化する作用も期待できます。
せっかくシュガースクラブを行うのであれば、ぜひ効果を実感しやすいブラウンシュガーを使うことをおすすめします。
(※上白糖・グラニュー糖でも効果がないわけではありません)

多くても1日1回入浴時の使用が効果的

いくら良いものだとしても、あまり過剰に行っては逆効果になることもあります。
シュガースクラブを使う場合は多くても1日1回、できれば週に2~3回にとどめます。

使うタイミングとしては入浴時がおすすめ。
しっかりと体を温め、毛穴を開かせたタイミングで行うことをおすすめします。

具体的なシュガースクラブのやり方

色々なやり方がありますが、おすすめはお手持ちの洗顔フォームに砂糖を混ぜる方法。
一回に混ぜる量は小さじ1杯でOK。
洗顔料に直接混ぜて、泡立てそのまま顔を洗うだけなので手軽です。

ニキビや毛穴の炎症がある方はハチミツを混ぜても

ハチミツには高い殺菌作用があります。
砂糖とハチミツを1対1で混ぜて、それを洗顔後にパックすると、肌の炎症を抑えることができます。

いちご鼻の改善にはどう使う?

いちご鼻への砂糖の使い方

いちご鼻の改善にも砂糖は効果的です。
保湿力と浸透力を高め、角質層が潤うことで肌のバリア機能を正常化させます。
これにより、過剰は皮脂分泌を抑え、肌のターンオーバーも正常化。

さらに砂糖の持つ吸着性により角質の汚れも優しくオフ。
毛穴パックのように一朝一夕にはいきませんが、継続することで少しずつ効果を実感できると思います。

開き毛穴にも期待大

砂糖スクラブで浸透力の高くなった肌は、化粧水や美容液などを角質層の深部まで届けることができます。
これにより、今まで使用しても効果を実感できなかった化粧品の「本当の効果」を実感できる場合も。
エイジングや毛穴引き締めアイテムが砂糖スクラブをプラスすることで、今まで以上に効果を発揮してくれるかもしれません。

まずはやってみよう

どんなケア方法であっても効果の程度は人それぞれ。
だからこそ、「自分に効果があるだろうか」としり込みしてしまう場合も少なくないと思います。

ですが、この砂糖を使った肌ケアは決して敷居が高いものではありません。
種類を選ばなければ、どの家庭にもある砂糖。

どのくらい効果があるかまずは試してみませんか?
海外のエステサロンでも使われる砂糖。
肌トラブルの改善に一役かってくれたら幸いです。