いちご鼻へのワセリンの正しい知識と使い方
巷で話題の○○がいちご鼻に効く!という情報。
数え切れないほどたくさんありますが、その中で今回は「ワセリン」をピックアップ。

「ワセリンを塗ってからお風呂に入り、汗をかくといちご鼻がウソのようにつるつるになる
というものなのですが、果たして本当なのでしょうか。

そもそもワセリンって何?

冬が近づいてくるとどこのドラッグストアにも出回る「ワセリン」。
小さなお子さんがいるご家庭では「赤ちゃんにも使える保湿剤」として、愛用されている方も多いと思います。

肌に優しい保湿剤、という認識のワセリンですが一体なぜ肌に優しいと言えるのでしょうか。

ワセリンの原料は

ワセリンの原料となるのは「石油」です。
掘り出した原油からガソリンや灯油などを精製していきます。
最後に残った重油に含まれる「ペトロラタムゼリー」という粘性の高い物質をさらに精製していくとワセリンになります。
ワセリンは不純物が多い順から
黄色ワセリン

白色ワセリン

サンホワイト

となります。
現在最も多く活用されているのは「白色ワセリン」であり、白色ワセリンほどの精製度であれば、肌への負担は少ないと考えられています。

石油製剤ということで、嫌悪感を感じる方もいらっしゃると思いますが、ワセリンは人体への悪影響がほとんどない安全なスキンケア用品です。

ワセリンの特徴と効果とは

ワセリンは人体に吸収されません。
万が一、食べてしまったとしても消化吸収されずにそのまま排泄されます。

肌に塗った場合も同様で、肌に皮膜を作り外敵に対してバリア機能を発揮します。
その一方で、肌からの水分を逃さず、ワセリン下にとどめます。
これにより肌は自分が出す、皮脂と水分により、乾燥を改善していきます。

様々なスキンケア用品の多くが「肌に○○を届ける」タイプであるのに対し、ワセリンは「肌の水分・油分をその場にとどめ、自分の力で潤わす働き」をします。

例えるならラップのような効果です。

ワセリン+入浴でいちご鼻に得られる効果とは?

ワセリンを塗って入浴すると得られる効果は?

肌に浸透しないワセリンをたっぷり塗って、入浴すると、ワセリンの下にはたくさんの汗が溜まります。
これにより肌は自分の汗でふやけたような状態になります。

古い角質をふやけさせると、その後の洗顔で柔らかくなった角質は除去しやすい状態に。
角質が柔らかくなることで、毛穴も緩むため、角栓もキレイに取れてしまうこともあります。
(※必ずではありません)
ラップをパック代わりにしながら入浴する方法がありますが、効果としてはあのやり方と同様なものが得られると思います。

「過剰に与えない」というスキンケアを目指す人におすすめ

過剰なスキンケアを避ける

肌への過剰なケアは肌本来の自然治癒力を妨げる、という考え方があります。
個人的には一概にそうとは言い切れないと思う部分もありますが、この思想の下「肌断食」を行い肌の状態が改善したという体験談も少なくありません。

肌に対して、化粧水・美容液・乳液・保湿クリームなど、複数のケアを行うことに疑問を感じている方にワセリンを使ったケアはおすすめです。

肌に何かを入れるのではなく、あくまでも自分の肌力を生かすケア、それがワセリンで叶えられます。

自分が目指す肌ケアから、ワセリンを使うかどうか考えてみることをおすすめします。