ダイソーのこんにゃくスポンジで毛穴をツルツルにするオススメのやり方
ダイソーで最近話題のアイテム。
「こんにゃくスポンジ」をご存知ですか?

これを使うと肌がつるつる、毛穴の黒ずみまで落ちちゃうと人気になっています。

ダイソーのこんにゃくスポンジとは

ダイソーのこんにゃくスポンジ
こちらがダイソーのこんにゃくスポンジ。

ダイソーのこんにゃくスポンジ裏面
優しく角質を除去すると書かれています。
乾燥しているタイミングだとカチカチですが、水をかけるとすぐに弾力たっぷりのスポンジに。

乾燥している時↓
乾燥しているこんにゃくスポンジ

乾燥したこんにゃくスポンジのアップ

水を含ませていくと・・・↓
こんにゃくスポンジに水を含ませる
こんにゃくスポンジに水を含ませる2
こんにゃくスポンジに水を含ませる23
プルンプルンしていて揉んでるだけでストレス解消になりそうな触りごこちです。

こんにゃくスポンジで毛穴をキレイにする使い方

【朝】
こんにゃくスポンジで顔を洗う

朝は洗顔料をつけず、たっぷりと水分を含ませたスポンジで軽く円を描くように顔の表面をなでます。
1~2分マッサージをするようにこんにゃくスポンジを動かしたら最後に、ぬるま湯で数回顔を洗い流して終了です。

あとは、普段通りの保湿ケアを行います。

【夜】

石鹸を含ませたこんにゃくスポンジで洗う
クレンジングでまずは丁寧にメイクを落としてください。
しっかり洗い流した後に、洗顔料を手に取り、スポンジに馴染ませて泡立てます。

こんにゃくスポンジに石鹸を含ませる↓
こんにゃくスポンジに石鹸を擦りつける
こんな風に石鹸をたっぷり擦りつけて・・・

こんにゃくスポンジに石鹸を含ませる
くしゅくしゅするとふんわりとした泡が立ちます。

こんにゃくスポンジに石鹸を含ませる
こんな風にたっぷりと泡を含んだらOK。

これで顔を洗っていきます↓
石鹸を含んだこんにゃくスポンジで顔を洗う
コツは、泡だけで洗うのではなく、こんにゃくスポンジと顔が触れ合うように、泡が少なめでよいということ
スポンジに泡がなじんだら、朝と同じく顔の表面を円を描くように撫でていきます。
洗顔時間は1~2分程度。
洗顔後はぬるま湯でしっかりと洗い流して完了です。

保湿剤は普段通りでOKです。

本当にこんにゃくスポンジで毛穴はキレイになるのか

毛穴の黒ずみ

こんにゃくスポンジでは毛穴がキレイにならない?

先に言います。
こんにゃくスポンジでは毛穴がキレイになるという意見とそうではない意見の2つがあります。

こんにゃくスポンジでは毛穴がキレイにならないと言われる理由は、「洗浄能力が低い」と評価されている点。
こんにゃくスポンジは柔らかく良くも悪くも刺激が少ない。
これを肌の上で転がしただけで角栓が取れて、毛穴がキレイになったら苦労しない、という説ですね。

また、こんにゃくスポンジで顔を擦った後に肌がつるつるになるのは、こんにゃくの主成分である「グルコマンナン」が溶けだして、肌に付着するからつるつるに感じる、という意見です。

グルコマンナンはゲル化する多糖類なので、ジェルのようなぬめりを感じます。
これはスポンジに水を含ませた時点でも少し感じることがあります。

これがつるつるに感じる正体だというのです。

こんにゃくスポンジで毛穴はキレイになるよ!という意見

こんにゃくスポンジの繊維は弱アルカリ性。
この弱アルカリ性の成分と弱酸性の皮脂汚れ、角栓、古い角質が反応(=中和反応)すると、肌から汚れがはがれやすくなり、軽く撫でるだけでスムーズに汚れを落とせるというメカニズムです。

そして、こんにゃくスポンジで毛穴の汚れを落とすというのを最も裏付けているもの、それは実体験です。

多くの方がこんにゃくスポンジを使い、毛穴がキレイになった、肌のゴワつきが消えた、くすみが落ちたと実感されています。

ハナ
実はこんにゃくスポンジって日本では江戸時代から使われているんです。
これだけ時間が経っても未だ愛されるこんにゃくスポンジ。
それが効果を裏付ける一番の要因かもしれませんね。

ちなみに私自身も毛穴の汚れは落ちる派です。
これも実際に使って体感したから言えることですね。

こんにゃくスポンジのメリットとデメリット

こんにゃくスポンジのメリットとデメリット
肌に優しいこんにゃくスポンジ。
とはいえ、こんにゃくスポンジにもメリットとデメリットがあります。

こんにゃくスポンジのメリットは?

こんにゃくスポンジのメリット

自然由来100%で安全性が高い

こんにゃくスポンジはこんにゃくいもが主原料となった100%自然由来のものです。
こんにゃくはアレルギーになりにくいため、安全性が高く安心して使うことができます。

敏感肌さん、アトピー肌さんにも愛用者が多いのはこのためです。
赤ちゃんの沐浴にこんにゃくスポンジを使う人も増えています。

肌を刺激しにくい

使ってみると分かりますが、こんにゃくスポンジはもっちりとしていて、肌に触れた時にも柔らかく、傷をつける心配がありません(力を入れすぎるとダメですが・・・)。

そのため、肌を直接こすってもダメージに繋がりにくいのです。

こんにゃくスポンジ自体に汚れ落ちの効果がある

上記でも説明したように、こんにゃくスポンジ自体が肌の汚れを浮かしやすくしてくれるため、洗顔料を毎回使わなくてもOK。
経済的だし、肌にとっても洗顔料を使いすぎないことで新しい角質を育てやすいです。

こんにゃくスポンジのデメリットは?

こんにゃくスポンジのデメリット

カビが生えやすい

こんにゃくスポンジはよく水分を吸い込みます。
泡立てネットよりも乾きにくいため、簡単にカビが発生してしまいます。

カビが生えたスポンジは使えません。
使用後は丁寧に洗って風通しのよい場所におくか、しっかりと絞って冷蔵庫で保管してください。

交換のタイミングが他のスポンジより早い

こんにゃくスポンジは衛生面から1ヵ月~1ヵ月半で交換した方が良いと言われています。
そのため、他のスポンジと比較するとやや交換のタイミングが早めです。

実は自分でも作れるこんにゃくスポンジ

マメの交換しなきゃいけない・・・と思うといくらいいものでも買い置きしたりとちょっと面倒ですよね。

いちご先生
でも、実はこんにゃくスポンジって自分で作れちゃうんです。
その方法をご紹介しますね。

白い長方形のこんにゃくを用意します

スーパーなどで売っている普通の白いこんにゃくがありますよね。
これを使います。
白いこんにゃく

これを半分か4分割にします

使いやすい大きさにカット。
けっこう縮むので、最小でも4分の1カットまでがおすすめです。

冷凍庫で凍らせます

一つ一つをラップに包んで冷凍庫に入れて24時間。
中心部までしっかり凍らせます。

天日干しをします

凍ったこんにゃくのラップを取って、ザルにのせて天日干しをします。

冷凍庫と天日干しを繰り返す

冷凍庫で凍らせる→天日干しするを数回繰り返しているうちに全く水分が出なくなってきます。
これで完成です。

ただし、湿気を吸い込みやすいので、乾燥した予備のこんにゃくスポンジはジップロックなどに入れて保管します。

こんにゃくスポンジを使った肌の変化は?

洗い上がりの肌はこんな感じ↓
こんにゃくスポンジで洗った肌
くすみ感が消えてすっきりつるつるな仕上がりです!
こんにゃくスポンジを使う魅力はたった1回の使用だけでも肌のツルツル感を実感できるところだと思います。

肌をよく濡らして、同じくよく濡らしたこんにゃくスポンジでくるくるするだけで肌のザラつきが改善できます。

いちご先生
見た目の改善までには1回では難しいかもしれません。

私の体感としては2週間ほど使っていちご鼻と頬の黒ずみ感が改善したなという感じでした。

こんにゃくスポンジは産毛も取れる?

今回、こんにゃくスポンジでは毛穴の黒ずみが取れるという話をしました。

しかし、こんにゃくスポンジで顔の産毛を取る方法を実践されている人も少なくありません。

使ってみて産毛は取れた?

個人的には2週間使ってみましたが産毛に関してはうーん。
取れてません。

もう少し使ってみたいと思います。

こんにゃくスポンジ・まとめ

人気のこんにゃくスポンジ。
ダイソーだけではなく、セリアでも販売されるようになりました。
また、こんにゃくスポンジを売りにしたメーカーも出てくるほど今、こんにゃくスポンジは熱いです。

効果のほどは実際に使ってみないと分からないと思いますが、この気持ちよさはかなりおすすめ。
ぜひお近くのダイソーで入手してみてください。

いちご先生
ちなみに只今人気につき、品切れが多いようです。