洗顔後、白い角栓が小鼻周囲にニョロっ!これどうしたらいい?

洗顔後の白いニョロニョロの原因は新しい角栓!

洗顔後の角栓
ゆっくりとお風呂に浸かり、汗が出たところで洗顔。
汚れが落ちたかな~と鏡をのぞくと小鼻周囲に白いニョロニョロが多数見えたことってありませんか? 

これの正体は「角栓」です。
角栓と言っても、この角栓は生まれたばかりで柔らかく、水分を吸収して毛穴から顔を出したものです。
新しい白い角栓は柔らかく、水分を吸収してふやけやすいという特徴があります。

毛穴に収まらないほど膨れたために毛穴から顔を出した状態が洗顔後に出てくる白いニョロニョロなんです。

見た目にはイマイチなこの状態ですが、実は角栓を除去するチャンスでもあります。

ふやけた角栓が再び乾燥して毛穴の中へと収まる前に除去することで、酸化により黒ずむことを予防できます。

いちご先生
言ってしまえば「角栓の赤ちゃん」というところ。

角栓はこの白いうちに除去することが大切です。

角栓の赤ちゃん追い出し!毛穴閉じを促す「米肌」トライアルセットはこちら
大人の角栓除去に人気のアイテム。
お試しセット価格:1,389円(送料無料・通販限定)

白い角栓が出るのは正常?異常?

白い角栓が出るのは正常?異常?

白い角栓ができるのは特別異常とは言えません。
そもそも人は生きている限り、古い角質は生まれます。

古い角質は垢となって剥がれ、それが毛穴に落ち込んだり、毛穴の古い角質がそのまま毛穴内に残った結果、白いニョロニョロとなって出てきます。

ただ、問題なのはこの白い角栓が目に見えるくらい育ってしまっていることです。
毛穴が引き締まっていれば、角栓は形成されません。

正しい毛穴と角栓のケアを取り入れ、角栓が大きくなる前に対策をすることがいちご鼻や頬の黒ポツ対策に繋がります。
 

白い角栓の正しいケア方法

白い角栓が出てきたらどうすべきか
洗顔後に白い角栓が顔を出すようになったら行うべきケアは2つ。

  • 角栓の除去
  • 毛穴の縮小

では具体的にどのようにすべきかをまとめます。

角栓を減らすために洗顔を見直しをしよう

角栓を減らすのにもっとも効果的なのが洗顔の見直しです。

以下は角栓ができやすい「ついやってしまいがちな残念な洗顔方法」です。身に覚えがないかチェックしてみてくださいね。

  • 泡立てが雑になってませんか?
  • クレンジング後にメイクが残っていませんか?
  • 洗顔後も油分が残ってませんか?

泡立てが雑になってませんか?

泡の大きさと角栓の取れ方
角質や角栓の汚れは泡がたくさん触れることで少しずつ浮かして落としてくれます。濃密な泡で洗うのが良いと言われるのはそのためです。
大きな泡でざぶざぶと洗っても、泡自体が角栓にはほとんど触れていません。

角栓を落とすには濃密泡が必須です。

クレンジング後にメイクが残っていませんか?

ファンデ―ションに阻まれて泡が角栓に触れていない
またクレンジングを適当にしていると、ファンデーションに含まれる強力な油分が残ったままで角栓をバリア。洗浄成分が角栓に届かないまま洗顔が終わってしまいます。これでは意味がありません。

洗顔後も油分が残ってませんか?

油分が角栓の元になる
洗顔後に油分を感じるのは、余分な皮脂・メイクに含まれる油分が落ちきっていない証拠です。これを繰り返すと確実に角栓が作られていきます。夏には特に起こりやすいです。

この3つの原因を解消する洗顔方法は泡立てネットを使った濃密泡で洗うことです。

理想はアルカリ性になる固形石けんを使って、しっかりと泡立てて濃密な泡で洗うこと。
弱酸性の洗顔フォームは肌に優しいですが、油分やタンパク汚れに弱く、汚れを残してしま原因になります。

アルカリ性の固形石けんは肌の汚れをさっぱりと落とし、肌が自力で弱酸性に潤す力も養います。

いちご先生
米肌についてくる「肌潤石鹸」は肌自体の保水力を高める「ライスパワーNo.11」配合。洗いながら肌を保水性の良い状態にしてくれる優れものです。

毛穴の引き締めケアを取り入れていますか?

角栓で悩んでるのに「毛穴の引き締めケアを一切していない」というケースはとても多いです。

いちご先生
毛穴がキュッと閉じれば角栓は出来ません!
なぜなら角栓ができるスペースがないからです。

この毛穴の引き締めで必要なのが毛穴を潤して、柔らかくするための保湿です。

毛穴引き締めの保湿ケアの見直しをしよう

角質の模式図

毛穴閉じを促すケアとして効果的なのが「角質に水分ボリュームを入れること」です。
角質が潤いに満たされて膨らんでいれば、毛穴はその圧力を受けてギュッと閉じやすくなります。

白い角栓は柔らかく、毛穴内の圧力が高まれば自然と排出してしまう可能性が大きいのです。

では毛穴引き締めになっていない「残念な保湿方法」をご紹介します。うっかり自分もやっていないかチェックしてみてくださいね。

  • スキンケアが雑ではないですか?
  • 美容液・クリームを避けていませんか?
  • 潤い成分に無関心ではないですか?

スキンケアが雑ではないですか?

角栓が溜まりやすい人の傾向として、スキンケアにあまり力を入れていない・・・という人が多いです。
当然角栓もたまりやすいですよね。

しっかりと角質に水分を入れないと、毛穴は硬く広がります。
スキンケアが雑になっているかも、と感じたらここらで見直しましょう。

美容液・クリームを避けていませんか?

ベタつきが嫌いな人に多いのがこれ。
残念ながら化粧水だけでは多くの場合、すぐに角質から水分が蒸発してしまいます。化粧水後に美容液・クリームを塗って水分の蒸発を予防することが大切です。

潤い成分に無関心ではないですか?

盲目的に「これでいいや」とスキンケアを選んでいませんか?
年齢を重ねれば重ねるほど、スキンケアに配合されている成分を重視する必要があります。

例えば化粧水によく配合されている「グリセリン」は保湿成分ですが、長時間潤いが続くものではありません。
ヒアルロン酸配合はとろみがあり塗った時には潤った感じがしますが、粒子が大きければ角質には浸透できずすぐに乾燥を引き起こしてしまいます。

・角質に浸透できる成分か
・長時間潤いが続く成分が使われているか

などを理解してスキンケアを選ぶ必要があります。

厚生労働省が唯一認めた保湿成分配合のスキンケア

米肌のトライアルセット

大人の毛穴引き締めに効果大!として今人気になっているのがコーセーの米肌です。

関連記事【口コミ】米肌14日間トライアルでいちご鼻は改善する?!

米肌が毛穴の引き締めに効果的だとされる理由は以下の3つ。

  • セラミドではなくセラミドを生み出す成分を届ける
  • 肌への刺激物が最大限カット
  • 大豆+ビフィズス菌発酵エキスで保湿

セラミドではなくセラミドを生み出す成分を届ける

米肌は洗顔石けんから化粧水・美容液・クリームに至るまで全てにライスパワーNo.11 が配合されています。

このライスパワーNo.11 は厚生労働省が「肌への水分保持能力を高める」と唯一認めた成分です。特に美容液はライスパワーNo.11の配合量が多いため、医薬部外品に指定されています。

肌への刺激物が最大限カット

肌に刺激が加わると、炎症の引き金になることがあります。炎症は角質を荒らし、水分を蒸発させやすくするためできるだけ避けるのが大切。

米肌は無香料・無着色・鉱物油フリー・石油系界面活性剤フリー。肌に刺激になる成分が少ないのが魅力です。

大豆+ビフィズス菌発酵エキスで保湿

米肌を使う理由は何といってもライスパワーNo.11 と言ってもいいくらい。
ですが、そのライスパワーNo.11をサポートし、長時間乾燥させない保湿成分である大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスも見逃せません。

乾燥しがちは肌の表面に被膜を作って大切なライスパワーNo.11 が蒸発するのを徹底して防ぎます。

いちご先生
長時間潤いが続くから毛穴がぎゅっと水分を吸い込み、引き締まりやすくなるんです。

洗顔後の白い角栓を無理に押し出すのは止めよう

白い角栓ケアのまとめ
気になる角栓ははピンセットで抜いたり、指や爪でギュッと押し出してしまうとスッキリ取れて「あーよかった」になりがち。
でも、肝心の毛穴は開いたままで、抜けたと思った角栓も毛穴が開いている以上数日たてばまた蓄積します。

角栓を本当の意味で改善するには毛穴を閉じるしかありません。
そして毛穴を閉じるためには角質を繋ぐセラミドを満たすことが重要です。

白いニョロニョロが小鼻に出たらそれは「毛穴が開いてきたよ」のサイン。
それを見逃さず、角栓と毛穴のケアをスタートすることが毛穴の黒ずみを予防するために大切です。